イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • かがわけん
  • かがわけん
  • 香川県
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。
この自治体は「ふるさとチョイス」から申込みすることができません。
お手数ですが、自治体のホームページ等からお申込みください。

選べる使い道

1.周到な防災・減災対策への支援
南海トラフ地震などの大規模災害に備え、防災アプリの導入などにより防災情報の提供強化を図るとともに、家庭における防災対策を促進し、県民の生命・身体・財産を守るための事業に活用します。
2.水資源対策を支援
香川用水の関連施設を見学し、その重要性や水の大切さについて学習する小・中学校の学校行事を支援するなど、水は限りある貴重な資源であることを認識し、水資源の循環利用の促進や節水意識を高めてもらうための事業に活用します。
3.健康長寿のかがわづくりへの支援
健康長寿の香川の実現を目指し、特定健診やがん検診、歯科健診等の受診を促進するための取組みや、糖尿病などの生活習慣病の発症や重症化を予防するための取組みなど、子どもから高齢者までのライフステージに応じた健康づくりのための事業に活用します。
4.子育てや少子化対策への支援
結婚を希望する男女の出会い・結婚をサポートする「かがわ縁結び支援センター(EN-MUSUかがわ)」の運営や、3人以上の子どもを持つご家族の経済的負担を軽減する事業などに活用します。
5.攻めの農林水産業を支援
さぬきうどん用小麦「さぬきの夢」や食味の良い米「おいでまい」など県オリジナル品種の開発・生産拡大や、全国トップにあるオリーブ産業のブランド力強化、オリーブ関連農畜水産物(オリーブ牛、オリーブ夢豚・オリーブ豚、オリーブ地鶏、オリーブハマチ)の生産・販路拡大など、香川の農林水産業を支援するための事業に活用します。
6.AI等先端技術の利活用促進を支援
AI等先端技術を活用し、県内企業の生産性向上による本県経済の活性化や、生産年齢人口の減少による人手不足への対応など、本県が抱える様々な課題の解決を図るための事業に活用します。
7.栗林公園ニシキゴイ復活応援プロジェクト
コイヘルペスウィルスにより姿を消した特別名勝「栗林公園」のニシキゴイを復活させるプロジェクトに活用します。 ※寄付金額がニシキゴイ購入のために必要な金額に達した場合、寄付金は、栗林公園の活性化や維持管理のための事業に活用させていただきます。
8.観光客の利便性向上によるにぎわいづくりを支援
Wi-Fiスポットの整備や外国人観光客対応の充実など、国内外から訪れる観光客の受入環境を向上するための事業に活用します。
9.大学生等への奨学金返還支援
大学生等の奨学金返済を支援することにより、香川の産業を担う人材を確保するとともに、若者の県内定着を図るための事業に活用します。
10.環境保全への支援
ドングリを集めて苗木等として払い戻す「どんぐり銀行」などの森づくり活動や、「かがわ里海大学」や「みどりの学校」など学びの場の提供など、香川の恵まれた環境を将来にわたって 守り育てていくための事業に活用します。
11.さぬき動物愛護センター「しっぽの森」への支援
さぬき動物愛護センター「しっぽの森」において、犬や猫の譲渡推進や、動物愛護管理に関する普及啓発のための各種イベントを開催するなど、人と動物が幸せに暮らすための事業に活用します。
12.教育への支援
ジュニアアスリートの育成強化や、子どもたちの学力向上のための事業に活用します。
13.瀬戸内国際芸術祭(アートプロジェクトやイベントなど)への支援
国際的にも知名度の高まった瀬戸内国際芸術祭。舞台となる島々の活性化や地域とのつながりを強めていくための、様々なアートプロジェクトやイベントなどに活用します。
14.地域密着型スポーツチームへの支援
地域密着型スポーツチームである、野球のオリーブガイナーズ、サッカーのカマタマーレ讃岐、バスケットボールの香川ファイブアローズ、アイスホッケーの香川アイスフェローズを応援し、スポーツを通じた地域活性化のための事業に活用します。
15.香川丸亀国際ハーフマラソンへの支援
香川丸亀国際ハーフマラソン大会の円滑な開催を推進するための事業に活用します。
1.新型コロナウイルス感染症対策
新型コロナウイルス感染症が広がっており、経済にも大きな影響が出ています。香川県では、この危機を乗り越えるため、県民生活の安心・安全の確保に向けて、全力で取り組んでいます。(寄付金は香川県が実施する各種対策の財源に充当します。)
2.防災・減災
近い将来に発生が予想される南海トラフ地震。瀬戸内海側の香川県でも、大きな被害が想定されています。被害を最小限に抑え、一人ひとりの命を守ることができるよう、ハード・ソフト両面から防災・減災対策に取り組んでいます。
3.若者の働く場確保
若者が魅力を感じる働く場の確保のため、若者の就業率が高く、将来の成長が見込まれる情報通信関連産業の育成・誘致を令和2年度から開始します。
4.水資源
古くからたびたび水不足に悩まされてきた香川県。香川用水の運用や宝山湖の整備などにより本県の水事情は画期的に改善してきました。「水は限りある貴重な資源」だと認識してもらうために県内の小・中学生の学習支援等に取り組んでいます。
5.健康長寿
生涯にわたって健康で暮らせるよう、子どもから高齢者までのライフステージに応じた健康づくりのために各種事業を実施しています。
6.子育て
次代を担う子どもたちを安心して生み、健やかに育てることができる「子育て県かがわ」を実現するため、結婚から妊娠・出産、子育てを経て、青少年育成までの切れ目ない支援を総合的に推進しています。
7.教育
「夢に向かってチャレンジする人づくり」の基本理念のもと、香川県の教育は、国内外で活躍する優れた人材を数多く輩出しています。
8.農林水産業
香川県オリジナル品種の開発・普及やオリーブ産業の振興など攻めの農林水産業を展開。ふるさと納税返礼品でも様々取扱いがありますので、ぜひお試しください。
9.産業振興
香川から世界へ!産学官連携で進む香川の希少糖プロジェクト。2019年に機能性表示食品となった希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」は、ふるさと納税返礼品でも取扱中です。
10.観光
「選ばれる香川」を目指し、観光に訪れた皆様方の満足度と利便性を向上させるための様々な取り組みを行っています。
11.環境保全
東洋の宝石と称えられる瀬戸内海、身近に触れ合える山や川などの自然環境を守るため、人と自然が共生する持続可能な香川を推進しています。
12.動物愛護管理
人と動物との調和のとれた共生社会の実現のための拠点として、高松市と共同で整備した、さぬき動物愛護センター「しっぽの森」では、動物愛護管理の普及啓発や犬猫の譲渡推進などに取り組んでいます。
13.瀬戸内国際芸術祭
国内外から多くの方をお迎えしている「瀬戸内国際芸術祭」。次回、2022年の開催を目指して準備を進めています。常設の作品もあります!
14.栗林公園
お庭の国宝ともいえる特別名勝「栗林公園」。いつ来ても美しく広大な庭園を堪能いただけるよう努めています。
15.香川丸亀国際ハーフマラソン
毎年1万人以上が讃岐路を駆け抜けるこのレース。規模は日本最大級であり、長い歴史を誇る伝統あるマラソン大会です。
16.高校生花いけバトル
香川県が発祥の「全国高校生花いけバトル」。決勝大会は香川県で行われています。新たな花き文化「花いけバトル」に情熱を燃やす高校生を応援しよう。 【全国高校生花いけバトル】 日本の花文化をいまの時代にふさわしいかたちで育むために。花をいけることを楽しみ、瑞々しい感性と創造性を花で表現することができる「場」を、高校生と共につくりあげる舞台が「全国高校生花いけバトル」です。
17.奨学金返還支援
大学等卒業後、香川県内に就職・定着する若者を香川県と一緒に応援しませんか。
18.地域スポーツチーム
香川県では、野球、サッカー、バスケットボール、アイスホッケーのチームが地域密着を理念に掲げて活動しており、県民の皆様に夢と感動を与える存在となっています。これら4つの地域密着型スポーツチームは、試合を開催するだけでなく、幅広い地域貢献活動を展開し、地域活力の向上や交流人口の拡大にも貢献しています。香川の地域密着型スポーツチームを応援しよう! 【香川オリーブガイナーズ】日本独立リーグ野球機構・四国アイランドリーグplusに所属するプロ野球チーム 【カマタマーレ讃岐】Jリーグに所属するプロサッカークラブ 【香川ファイブアローズ】Bリーグに所属するプロバスケットボールチーム 【香川アイスフェローズ】香川県を拠点に活動する社会人アイスホッケークラブチーム
0.知事におまかせ
県勢発展や県民が安全・安心に暮らせる環境づくりなどに活用します。
この自治体は「ふるさとチョイス」から申込みすることができません。
お手数ですが、自治体のホームページ等からお申込みください。

香川県 基本情報

住所
香川県香川県高松市番町4-1-10
URL
https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir5/dir5_7/dir5_7_5/w2tthq191115115857.shtml
TEL
087-832-3122(直通)

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる