イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ひろしまけん
  • じんせきこうげんちょう
  • 広島県
  • 神石高原町
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

「神石高原地域創造チャレンジ基金」に関する事業
過疎の進む中山間地の神石高原町は高齢化率46%と、広島県でも最も高齢化が進んだ地域でもあります。この地域で豊かな自然資源の活用や新しいビジネスチャレンジ、そして事業継承などを具体的に支援するため、2017年に「神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:「神石高原チャレンジ基金」)を設立いたしました。神石高原チャレンジ基金では、新しい事業を行うための資金的支援と経営的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を行っていきます。
花粉症の原因となっている、スギやヒノキの間伐、広葉樹の植樹を通して、花粉症削減を目指す
日本では国民の4人に一人が花粉症患者とされています。その発生の要因となるのがスギやヒノキなどですが、戦後、植林されたスギやヒノキなどの針葉樹はその後、需要の低迷や林業従事者の後継者不足などから、山林で放置された状態となっています。さらに、針葉樹は広葉樹に比べて根が浅いため、近年相次ぐ豪雨や水害によって、倒木が押し寄せる土砂災害の原因を引き起こすなどの一因と指摘されています。 このプロジェクトは、花粉飛散や土砂災害の要因となるスギやヒノキを間伐して、日本の里山に合った広葉樹に植え替えます。
引退した競走馬の命を守りたい!引き馬で人間と触れ合う第2の馬生を!
ピースウィンズ・ジャパンの活動をご支援いただき、ありがとうございます。 私たちは、紛争地域での人道支援、災害への緊急出動と復興支援など「どんな状況にあっても、一つの命を見捨てない」ことを設立以来の価値観としています。 近年は、広島県での犬の殺処分ゼロの活動である「ピースワンコ・ジャパン事業」で動物福祉にも挑戦しており、引退競走馬が活躍できる場を作りたいと思い、プロジェクトに取り組むことを決めました。 これからも馬たちの命を守り続けるために、今、あなたのご支援を必要としています。引退した競走馬が、第2の馬生を送れるよう、活動へのご協力をお願いいたします。
神石高原町から全国へ、花粉症フリーの地域を拡大したい!!
日本では国民の4人に一人が花粉症患者とされ、「国民病」とも言われています。その要因となるのがスギやヒノキなどです。戦後に植林されたスギやヒノキなどの針葉樹は、需要の低迷や林業従事者の後継者不足などから、現在は山林で放置されたままとなっています。さらに、針葉樹は広葉樹に比べて根が浅いため、近年相次ぐ豪雨や水害によって、倒木が押し寄せる土砂災害を引き起こす一因とも指摘されています。 このプロジェクトは、花粉飛散や土砂災害につながるスギやヒノキを間伐し、日本の里山に合った広葉樹に植え替えます。そして、その過程で、苗木の育成など、障がい者のための雇用も生み出していきます。まさに、「一石三鳥」を目指すプロジェクトです。
高齢化率46%のまちで、新しくビジネスチャレンジする人を応援したい!!
過疎の進む中山間地の神石高原町は高齢化率46%と、広島県でも最も高齢化が進んだ地域でもあります。この地域で豊かな自然資源の活用や新しいビジネスチャレンジ、そして事業継承などを具体的に支援するため、2017年に「神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:「神石高原チャレンジ基金」)を設立いたしました。神石高原チャレンジ基金では、新しい事業を行うための資金的支援と経営的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を行っていきます。
奪われる命が多い年末こそ、あなたのご支援が必要です
広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)のピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、世界中の方が訪れる2020年の東京オリンピックまでに日本の犬の殺処分をゼロにする、という目標を掲げています。 皆さまからのご支援によって保護施設を拡充し、2016年以降は広島県の殺処分対象犬を全頭引き取り、広島県の犬の殺処分ゼロを維持しています。ワースト県でゼロを実現し、全国にその流れを広げようとするこの勝負の年に、さらなるご支援をどうかよろしくお願いいたします。
あなたの「税金」を犬の殺処分ゼロのために
日本では、年間4万頭もの犬がガス室で殺処分されている現状をご存知でしょうか? 広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)では、犬の殺処分をすでにゼロにしています。 神石高原町にあるNPO法人ピースウィンズ・ジャパンは殺処分前の犬を引き取り、ドッグトレーナーによる訓練を行い、新しい飼い主を探しています。 2011年度に犬猫の殺処分数ワーストを記録した広島県で、2016年までに殺処分ゼロを達成し、2020年の東京オリンピックまでに世界中の方が訪れるイベントまで日本での殺処分ゼロを目指します。
2020年に犬の殺処分ゼロに!
日本では、年間約2万8000頭もの犬がガス室で殺処分されている現実をご存じでしょうか? 広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)にあるNPO法人ピースウィンズ・ジャパンでは殺処分前の犬を引き取り、獣医師による診断、ドッグトレーナーによるしつけを行い、新しい飼い主を探しています。この活動により神石高原町では、犬の殺処分をすでにゼロにしています。引き続き、2016年までに広島県内での殺処分をゼロにするため、取り組みをすすめています。
7月豪雨で農作物が壊滅。めげずにコメ作りで農業を再生したい
神石高原町地域創造チャレンジ基金(以下、チャレンジ基金)の支援先の一つである「中ちゃん農園」は、神石高原町の農作物生産拡大を目指して新規起業されたビジネスチャレンジ事業者です。平成30年7月豪雨災害でダメになったしょうが畑に代えて、地元休耕田を復活させる稲作づくりにふるさと起業家としてプロジェクトを開始したいと思います。
年間8,000頭以上が殺されています~日本で殺処分される犬を”ゼロ”に~
ピースワンコ・ジャパンの活動をご支援いただき、ありがとうございます。私たちは、犬猫の殺処分数ワーストを記録した広島県で、殺処分対象になった犬の「全頭引き取り」という前例のない挑戦を2016年4月に始めました。それから2年半以上にわたって県内の「殺処分ゼロ」を維持し、さらにその流れを全国に広げていこうと活動しています。 たくさんのご支援のおかげで、これまでに新しい飼い主さんに譲渡できた犬は1000頭を超えました。しかし、引き取らなければならない犬の数は依然として多く、保護活動の現場ではスタッフの苦闘が続いています。 これからも犬たちの命を守り続けるために、ピースワンコは今、あなたのご支援を必要としています。残酷な殺処分を二度と再開させないよう、活動へのご協力をお願いいたします。
災害でこころに傷を負った子どもたちに「シェアたび」の体験を贈ろう
フェアトラベルジャパンが本部を置く広島県神石高原町は、人口約9千人の自然豊かな美しい町です。ここで体験型の「シェアたび」を実施し、災害でこころに傷ついた子どもたちに、心理的な安定や世界中の様々なバックグラウンドを持つ人と交流する機会を提供します。地域の人々と共に過ごすなかで、異なる価値観や多様性を知り、夢と希望を持ってもらうことを目指しています。この活動は、まず神石高原町からスタートさせ、今後、他の地域でも実施する計画です。
殺処分ゼロへ、保護犬舎を3倍の600頭規模に
広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)のピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクト。 2年前の動物愛護週間に打ち出した、県内の犬の殺処分をゼロにする『1000日計画』が、来年6月に期限を迎えます。 これまでに頂いた寄附金で、保護施設を200頭余りに拡大でき、2カ所の譲渡センターの運営も軌道に乗りました。さらに期限までに、犬舎を3倍の600頭規模にし、譲渡センターも新設する計画です。 災害救助犬になった夢之丞のように、1日も早く、1頭でも多くの命を救うため、殺処分ゼロへのさらなるご支援をお願いいたします。
殺処分ゼロへ勝負の年!さらなるご支援を
広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)のピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、2016年までに広島県内の犬の殺処分をゼロに、そして世界中の方が訪れる2020年の東京オリンピックまでに日本の犬の殺処分をゼロにする、という目標を掲げています。 皆さまからのご支援によって保護施設の拡充が進む一方で、譲渡のペースを上げていくことが今後の大きな課題になります。この勝負の年にさらなるご支援をどうかよろしくお願いいたします。
次世代を担う人材育成事業
子育て・若者定住支援事業
誰もが尊敬し合えるまちづくり事業
「県立油木高校」魅力化事業
「神石高原地域創造チャレンジ基金」に関する事業
「ふるさと起業家支援プロジェクト」に関する事業
交通弱者の移動支援に関する事業
その他まちづくり全般に関する事業
※平成30年7月豪雨の発生に伴い,災害復旧に関わる予算に優先的に充当いたします。
罪のないワンコが殺されています。 ふるさと納税(寄附)で犬の殺処分ゼロを!
ピースワンコ・ジャパンは、犬・猫の殺処分数が全国ワースト1位だった広島県で、2016年、殺処分されてしまう犬たちの「全頭引き取り」を始めました。みなさまのご支援のおかげで、ガス室を使った残酷な殺処分をストップさせることができ、以来、「殺処分ゼロ」の継続はこの5月末で1150日に達しています。里親さんに譲渡できた犬も1600頭を超えました。 施設には現在、約2800頭の保護犬たちがおり、しかもその大半が野犬です。この子たちの健康を維持し、温かいご家庭に迎えられるまで飼育とトレーニングを続けることは、容易ではありません。 それでも私たちは、次の1000日も殺処分ゼロを続けるため、100人以上の専従スタッフが「犬のため」を第一に、粘り強く努力しています。よりよい環境で犬たちが快適に暮らせるよう、衛生管理や感染症対策を徹底し、施設のつくりも改善するとともに、引き取りを減らせるように自治体や他の保護団体とも連携を強めています。 殺処分を二度と再開させないために、引き続き活動へのご協力をお願いいたします。

広島県 神石高原町 基本情報

住所
広島県広島県神石郡神石高原町小畠2025番地
URL
http://www.jinsekigun.jp/ja/town/introduction/formation/kikaku/kikaku/furusatonouzei/
TEL
0847-89-3332

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる