イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ひろしまけん
  • ふくやまし
  • 広島県
  • 福山市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

平成30年7月豪雨
1.福山を世界に誇れるばらのまちにする
ばらのまちづくりの歴史は,戦後「荒廃した街に潤いを与え,人々の心に安らぎを取り戻そう」と地域の住民が,ばらの苗約1,000本を植えたのが始まりです。 2016年5月21日(ばらの日)には,市内に100万本のばらが咲き誇るようになりました。今後もばらを通じて,思いやり・優しさ・助け合いの心(ローズマインド)を市全体で育み,世界に誇れるばらのまちをめざしていきます。
2.「地域を良くしたい!」さまざまな市民活動を応援する
福山市では,市民一人ひとりが「まちづくりの主役」として,自分の持つ力をまちづくりに生かし,協力し合い,いきいきと活躍できるよう,「自助」「共助」「公助」による協働のまちづくりが進んでいます。 小学校区を基本とした79の各学区(町)では,住民自らが地域課題の解決方法や将来像などをまとめた「地域まちづくり計画」の策定も進んでいます。 お寄せいただいた寄附金は、協働のまちづくり基金へ積み立て、地域課題の解決や魅力づくりに取り組む学区(町)まちづくり推進委員会の活動や、「ふくやま・まちづくり大学」を通じた人材育成等に活用させていただきます。
3.鞆地区の町並み保存を支援する
鞆町は,古くから瀬戸内の要港として繁栄した港町であり,万葉集の中に既に地名が登場するほど歴史的に繁栄し,今もなお江戸・明治期の伝統的建造物が数多く残っています。 近年では映画やドラマの撮影地としても数多く選ばれています。 しかし、町並みの老朽化は著しく、早急な保存整備が必要な状況にあります。国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を目指し、歴史の息づく町並み保存地区内にある建築物の修理など、歴史的景観の整備を進めています。
4.お年寄りがいきいきと暮らせるまちづくりを応援する
福山市では,元気な高齢者がいきいきと暮らすまちづくりとして,シルバーピックふくやま,敬老行事など様々な活動を行っています。 高齢者人口が増加し,人口に占める要介護(要支援)認定者数が増加していく中,これらの事 業に寄附金を使わせていただきます。
5.すべての人が安心して暮らせるまちづくりを応援する
お寄せいただいた寄附金は,地域のつながりが薄れていくなか,誰もが安心して暮らせるまちの実現のため,ふれあいサロンの充実や地域の見守り活動の推進など,お互いが助け合って暮らしていけるまちづくりをめざした活動に使われています。 また,交通遺児の激励援助や頑張っている子どもたちへの表彰など,子どもの支援にも充てられます。 【使い道の例】 ・交通遺児の入学卒業祝金,善行生徒の顕彰など ・交流の場づくり:三世代の地域住民が世間話をしながら楽しく過ごす,世代間交流の場づくりなど
6.障がい者が社会で活躍するための支援をする
福山市では,障がいのある人の自立と安心を支えるまちづくりの推進のため,障がいのある人が障がい者就労施設に通う支援や自宅で暮らしやすい生活ができるよう住宅改造の支援などを行っています。 また,第4期福山市障がい福祉計画策定の際に実施した障がい者(18歳~64歳の方)へのアンケートによると,生活するうえで今後特に必要と考えるものとして,「障がいがあっても働ける場所」(36.0%)が最も多く,次いで「障がいのある人への理解」(34.9%)となっています。 福山市では,障がいのある人が地域の中で自立して生活できるように就労移行支援の実施により一般就労できるよう取り組んでいます。
7.福山市図書館の蔵書を充実する
図書館では,読書会や子ども司書による読み聞かせなど,乳幼児から高齢者までを対象とした本にかかわる,さまざまなイベントを開催しています。 心豊かな人生を送るための先人たちの知恵や知識,生活や仕事に役立つ情報,福山の歴史に 関する資料など幅広い分野の図書や資料をそろえ,市民の教養を高めたり,本に親しみを持っていただけるよう蔵書の充実に取り組んでいます。
8.子どもたちの夢の実現に向けたチャレンジを応援する
夢・未来プロジェクトとは 福山市市制施行100周年記念事業基本構想に掲げる未来への希望につながる事業として,次世代を担う子どもたちの夢の実現に向けたチャレンジを応援するものです。対象は市内の中学校に通う生徒で,「夢の実現に向かってチャレンジしたいこと」を,個人部門及びグループ部門で募集し,採択されたチャレンジに対し,必要な各種支援を行います。 募集する夢の内容 最終審査「語ろう!夢を未来を 100周年プレゼン大会」にて,夢へのチャレンジを支援する中学生を決定しました。 【個人部門】 女子プロ野球選手になりたい! →女子プロ野球選手による指導等の機会提供 劇団四季に入りたい! →劇団四季関係者による指導等の機会提供 【グループ部門 】 『銀河鉄道の夜』の劇を成功させたい! →プロ演出家 六条寿倖氏(富良野GROUP)による指導等の機会提供 学区の特産品を使った料理を作りたい! →プロの料理人と一緒にメニューを考える機会提供
9.子どものスポーツ活動を支援する
「健やかな心と体を培うスポーツ活動の推進」をスポーツ施策の目標に掲げ,子どもの体力・運動能力の向上を図るため,各学校における取組のほか,スポーツ教室やさまざまな活動団体の支援を行っています。 スポーツ少年団には,空手や軟式野球,ソフトテニス,剣道,バレーボール,陸上競技,バドミントンなど9種目に約90の団体,2,300人が登録し,活発に活動しています。
10.福山市新総合体育館を整備する
1949年(昭和24年)に開催されて以来,市民の生活・福祉の向上に大きく貢献してきた福山市営競馬場の跡地を市内外から多くの人が訪れ,賑わいを生み出す健やかで心豊かに過ごせ,スポーツや健康づくりなどが行える「水と緑に包まれた健やか・未来ふくやま創造交流拠点」として整備します。 老朽化が進んだ現在の福山市体育館を建て替え,すべての市民のスポーツ活動の拠点とすることはもとより,VリーグやNBLなどトップアスリートによるハイレベルなプレーを身近に観ることができる体育館として整備し,スポーツの楽しさや感動の共有,競技力の向上などスポーツ振興や市民の豊かなスポーツライフの確立につなげます。
11.里山里地の再生・保全を支援する
お寄せいただいた寄附金は,荒れてしまった里山里地を復活させ,次の世代へ引き継いでいく取組に使わせていただきます。 里山里地は,農林産物の生産,美しい景観,生物多様性の保全,防災機能,レクリエーション機能などのさまざまな機能を持っており,わたしたち市民の大切な財産です。 市民ボランティアである里山里地協力隊を組織し,地域の要請を受けて,里山里地の再生・保全活動を地域と協働で行っています。 この取組では,市内の企業と協定を結び,地域や協力隊へのご支援もいただいております。 100年前の人たちが作り上げた美しい里山里地を,皆様の応援により,次の100年につないでいきます!
12.市長におまかせする
テスト
よみがえらせよう,福山城の魅力!
よみがえらせよう,福山城の魅力!
福山城は2022年に築城400年を迎えます。 福山市では築城400年に向け,福山城天守の外観復元や福山城博物館の展示リニューアル,二之丸西側の石垣復元,福山城のライトアップ整備等のハード事業をはじめ,記念イベントなどソフト事業に取り組みます。 西国鎮衛として城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ,その価値を後世に伝える取組に,皆さまからご支援いただけますと幸いです。
公園が変わる!福山駅前が変わる!
「友達と芝生に座っておしゃべりしたいな」 「ママ友と一緒に安心して子どもを遊ばせたいな」 「外でおいしいコーヒーを飲みながら仕事するか!」 「孫と一緒に日向ぼっこへ行こう」 エキチカ公園をこんな素敵な公園に変える活動を進めていきます。
鞆地区の町並みを保存します
鞆町(ともちょう)は,古くから瀬戸内の要港として繁栄した港町であり,万葉集の中に既に地名が登場するほど歴史的に繁栄し,今もなお江戸・明治期の伝統的建造物が数多く残っています。近年では,数多くの映画やドラマの撮影地としても選ばれています。 2018年5月には,近世港町文化をテーマとしたストーリーが日本遺産に認定されました。しかし,町並みの老朽化は著しく,早急な保存整備が必要な状況にあります。 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された歴史の息づく町並み保存地区内にある建築物の修理など,歴史的景観の整備を進めます。
世界に誇れるばらのまちに向けて!
福山市のばらのまちづくりは,戦後の復興期に市民がまちの復興と平和への願いを込め,約1,000本のばら苗を植えたことから始まりました。 ばらを愛し,人を愛し,まちを愛する心はローズマインド(福山の心)として引き継がれ,60年以上の歳月をかけ,まちの至る所に市民の皆様が大切に育てたばらが咲き誇る100万本のばらのまちが実現。こうした取組が世界に認められ,2024年の世界バラ会議開催が決定。準備を進めていきます。 皆様の応援を力にばらのまち福山の魅力を高め,世界に誇れるばらのまちをめざします。
災害に強いまちづくりを
平成30年7月豪雨では,市内約2,000haが浸水する甚大な被害が発生しました。 福山市では,近年の頻発する自然災害に対し,災害に強いまちづくりを行うため,国・県などと連携し,概ね5年をかけ抜本的な浸水対策をスタートさせます。 現地の状況をしっかりと確認し,川からの逆流による浸水を防ぐ施設,川への排水を強化するポンプの設置や更新,排水機能を強化するための雨水幹線の整備など,床上浸水被害の解消に向けた対策を大幅に加速して行います。
世界に誇るデニム産地の発展のために
福山市はデニムに関連する企業が集積する日本屈指のデニム産地です。 日本の誇るべき,次世代へ繋ぐべきもののひとつ“ジャパンデニム”の発展に向けて取り組みます。
小中学校の学校図書館を整備します
児童生徒の学びの場,居場所としての学校図書館の環境整備を行っていきます。 福山市は,子どもたちが知的好奇心や意欲を発揮して,チャレンジや対話をしながら深く思考していく学び,「子ども主体の学び」に取り組んでおり,その実現には,子どもたちが興味を広げ,イメージを膨らませたり,自分の好きなことを見つけたりすることができる学校図書館が必要です。整備は今後概ね5年間で行いますので,ご支援いただけますと幸いです。
市民のまちづくり活動を応援します!
福山市は,幅広い世代の市民がまちづくり活動を学び合う「ふくやま・まちづくり大学」や,子どもたちのボランティア活動を応援する「まちづくりパスポート事業」等による市民のまちづくり活動が活発です。 例えば,まちづくりパスポートを持つ子どもたちは,地域清掃やイベントのボランティア活動に参加すると,ポイントが貯まり特典と交換できるので,楽しみながら地域や市政への関心を高めています。 市民が世代を超えて知り合い,学び合う機会を作ることで,これらの活動をさらに広げ,福山市の未来づくりに繋げます。
安心して暮らせる福祉のまちづくり
福山市では,障がいのある人や子どもから高齢者まですべての人が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。 元気な高齢者がいきいきと暮らすまちづくりとして,敬老行事やシルバーピックふくやまなど,様々な活動を行っていきます。 また,障がいのある人の就労意欲が高まっており,その意欲が就労につながるよう,支援体制の充実など社会で活躍するための必要な支援等を行っていきます。 さらに,交通遺児への援助や頑張っている子どもたちへの表彰など,子どもたちの支援を行っていきます。
市長におかませ
公共施設の整備や街並み保存,災害復興,教育・福祉など市長が特に力を注ぐ使い道へ活用いたします。
鞆地区の町並みを保存します
よみがえらせよう,福山城の魅力!
福山城は2022年に築城400年を迎えます。 福山市では築城400年に向け,福山城天守の外観復元や福山城博物館の展示リニューアル,二之丸西側の石垣復元,福山城のライトアップ整備等のハード事業をはじめ,記念イベントなどソフト事業に取り組みます。 西国鎮衛として城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ,その価値を後世に伝える取組に,皆さまからご支援いただけますと幸いです。
公園が変わる!福山駅前が変わる!
「友達と芝生に座っておしゃべりしたいな」 「ママ友と一緒に安心して子どもを遊ばせたいな」 「外でおいしいコーヒーを飲みながら仕事するか!」 「孫と一緒に日向ぼっこへ行こう」 エキチカ公園をこんな素敵な公園に変える活動を進めていきます。
鞆地区の町並みを保存します
鞆町(ともちょう)は,古くから瀬戸内の要港として繁栄した港町であり,万葉集の中に既に地名が登場するほど歴史的に繁栄し,今もなお江戸・明治期の伝統的建造物が数多く残っています。近年では,数多くの映画やドラマの撮影地としても選ばれています。 2018年5月には,近世港町文化をテーマとしたストーリーが日本遺産に認定されました。しかし,町並みの老朽化は著しく,早急な保存整備が必要な状況にあります。 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された歴史の息づく町並み保存地区内にある建築物の修理など,歴史的景観の整備を進めます。
世界に誇れるばらのまちに向けて!
福山市のばらのまちづくりは,戦後の復興期に市民がまちの復興と平和への願いを込め,約1,000本のばら苗を植えたことから始まりました。 ばらを愛し,人を愛し,まちを愛する心はローズマインド(福山の心)として引き継がれ,60年以上の歳月をかけ,まちの至る所に市民の皆様が大切に育てたばらが咲き誇る100万本のばらのまちが実現。こうした取組が世界に認められ,2024年の世界バラ会議開催が決定。準備を進めていきます。 皆様の応援を力にばらのまち福山の魅力を高め,世界に誇れるばらのまちをめざします。
災害に強いまちづくりを
平成30年7月豪雨では,市内約2,000haが浸水する甚大な被害が発生しました。 福山市では,近年の頻発する自然災害に対し,災害に強いまちづくりを行うため,国・県などと連携し,概ね5年をかけ抜本的な浸水対策をスタートさせます。 現地の状況をしっかりと確認し,川からの逆流による浸水を防ぐ施設,川への排水を強化するポンプの設置や更新,排水機能を強化するための雨水幹線の整備など,床上浸水被害の解消に向けた対策を大幅に加速して行います。
世界に誇るデニム産地の発展のために
福山市はデニムに関連する企業が集積する日本屈指のデニム産地です。 日本の誇るべき,次世代へ繋ぐべきもののひとつ“ジャパンデニム”の発展に向けて取り組みます。
小中学校の学校図書館を整備します
児童生徒の学びの場,居場所としての学校図書館の環境整備を行っていきます。 福山市は,子どもたちが知的好奇心や意欲を発揮して,チャレンジや対話をしながら深く思考していく学び,「子ども主体の学び」に取り組んでおり,その実現には,子どもたちが興味を広げ,イメージを膨らませたり,自分の好きなことを見つけたりすることができる学校図書館が必要です。整備は今後概ね5年間で行いますので,ご支援いただけますと幸いです。
市民のまちづくり活動を応援します!
福山市は,幅広い世代の市民がまちづくり活動を学び合う「ふくやま・まちづくり大学」や,子どもたちのボランティア活動を応援する「まちづくりパスポート事業」等による市民のまちづくり活動が活発です。 例えば,まちづくりパスポートを持つ子どもたちは,地域清掃やイベントのボランティア活動に参加すると,ポイントが貯まり特典と交換できるので,楽しみながら地域や市政への関心を高めています。 市民が世代を超えて知り合い,学び合う機会を作ることで,これらの活動をさらに広げ,福山市の未来づくりに繋げます。
安心して暮らせる福祉のまちづくり
福山市では,障がいのある人や子どもから高齢者まですべての人が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。 元気な高齢者がいきいきと暮らすまちづくりとして,敬老行事やシルバーピックふくやまなど,様々な活動を行っていきます。 また,障がいのある人の就労意欲が高まっており,その意欲が就労につながるよう,支援体制の充実など社会で活躍するための必要な支援等を行っていきます。 さらに,交通遺児への援助や頑張っている子どもたちへの表彰など,子どもたちの支援を行っていきます。
市長におかませ
公共施設の整備や街並み保存,災害復興,教育・福祉など市長が特に力を注ぐ使い道へ活用いたします。
鞆地区の町並みを保存します
鞆地区の町並みを保存します
よみがえらせよう,福山城の魅力!
福山城は2022年に築城400年を迎えます。 福山市では築城400年に向け,福山城天守の外観復元や福山城博物館の展示リニューアル,二之丸西側の石垣復元,福山城のライトアップ整備等のハード事業をはじめ,記念イベントなどソフト事業に取り組みます。 西国鎮衛として城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ,その価値を後世に伝える取組に,皆さまからご支援いただけますと幸いです。
公園が変わる!福山駅前が変わる!
「友達と芝生に座っておしゃべりしたいな」 「ママ友と一緒に安心して子どもを遊ばせたいな」 「外でおいしいコーヒーを飲みながら仕事するか!」 「孫と一緒に日向ぼっこへ行こう」 福山駅から徒歩圏内 のところに位置する「エキチカ公園」を、市内外の人々が利用できる素敵な公園に変える活動を進めていきます。
鞆地区の町並みを保存します
福山市の南、沼隈半島に位置する鞆町(ともちょう)は,古くから瀬戸内の要港として繁栄した港町です。万葉集に地名が登場するほど歴史的に繁栄し,今もなお江戸・明治期の伝統的建造物が数多く残っています。近年では,数多くの映画やドラマの撮影地としても選ばれています。 2018年5月には,近世港町文化をテーマとしたストーリーが日本遺産に認定されました。しかし,町並みの老朽化は著しく,早急な保存整備が必要な状況にあります。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された町並み及び建築物の修理など,歴史的景観の整備を進めます。
世界に誇れるばらのまちに向けて!
福山市のばらのまちづくりは,戦後の復興期に市民がまちの復興と平和への願いを込め,約1,000本のばら苗を植えたことから始まりました。 ばらを愛し,人を愛し,まちを愛する心は「ローズマインド(福山の心)」として引き継がれ,60年以上の歳月をかけ,まちの至る所に市民の皆様が大切に育てたばらが咲き誇る100万本のばらのまちが実現。こうした取組が世界に認められ,2024年の世界バラ会議開催が決定し、現在準備を進めています。皆様の応援を力に魅力を高め,世界に誇れる「ばらのまち」をめざします。
災害に強いまちづくりを
平成30年7月豪雨では,市内約2,000haが浸水する甚大な被害が発生しました。 福山市では,近年の頻発する自然災害に対し,災害に強いまちづくりを行うため,国・県などと連携し,概ね5年をかけ抜本的な浸水対策をスタートさせます。現地の状況をしっかりと確認し,川からの逆流による浸水を防ぐ施設,川への排水を強化するポンプの設置や更新,排水機能を強化するための雨水幹線の整備など,床上浸水被害の解消に向けた対策を大幅に加速して行います。
世界に誇るデニム産地の発展のため
福山市はデニムに関連する企業が集積する日本屈指のデニム産地です。 日本の誇るべき,次世代へ繋ぐべきもののひとつ「ジャパンデニム」の発展に向けて取り組みます。
小中学校の学校図書館を整備します
児童生徒の学びの場,居場所としての学校図書館の環境整備を行っていきます。 福山市は,子どもたちが知的好奇心や意欲を発揮して,チャレンジや対話をしながら深く思考していく学び,「子ども主体の学び」に取り組んでおり,その実現には,子どもたちが興味を広げ,イメージを膨らませたり,自分の好きなことを見つけたりすることができる学校図書館が必要です。整備は今後概ね5年間で行います皆さまからご支援いただけますと幸いです。
市民のまちづくり活動を応援します
福山市は,幅広い世代の市民がまちづくり活動を学び合う「ふくやま・まちづくり大学」や,子どもたちのボランティア活動を応援する「まちづくりパスポート事業」等による市民のまちづくり活動が活発です。 例えば,まちづくりパスポートを持つ子どもたちは,地域清掃やイベントのボランティア活動に参加すると,ポイントが貯まり特典と交換できるので,楽しみながら地域や市政への関心を高めています。 市民が世代を超えて知り合い,学び合う機会を作ることで,これらの活動をさらに広げ,福山市の未来づくりに繋げます。
安心して暮らせる福祉のまちづくり
福山市では,障がいのある人や子どもから高齢者まで、すべての人が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。 元気な高齢者がいきいきと暮らすまちづくりとして,敬老行事やシルバーピックふくやまなど,様々な活動を行っていきます。また,障がいのある人の就労意欲が高まっており,その意欲が仕事につながるよう,社会で活躍するための支援等を行っていきます。さらに,交通遺児への援助や頑張っている子どもたちへの表彰など,子どもたちの成長を支援する取組を行っていきます。
市長におまかせ
地域の活性化に資するものや公共施設の整備,街並み保存,災害復興,教育・福祉など市長が特に力を注ぐ使い道へ活用いたします。

広島県 福山市 基本情報

住所
広島県広島県福山市東桜町3番5号
URL
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/jouhou-hasshin/109542.html
TEL
084-928-1135

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる