イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • しまねけん
  • かわもとまち
  • 島根県
  • 川本町
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

がんばる集落や人を応援するために
元気な子どもが育つ環境のために
健康で安心して暮らせる環境のために
島根中央高校を応援するために
特に指定しない
平成30年7月豪雨
築30年の元研修施設を、女性が働きやすい、子育てがしやすい環境に整備して、地域を元気にしたい!
島根県川本町は島根県の中央山間部に位置する人口約3,300人の小さなまちです。少子高齢化により人口減少が進む中、若年層世帯を中心に様々な移住定住施策に取組み、社会人口増に取り組んでいます。 有限会社Willさんいんは、平成30年3月に川本町に開設された「テレワーク」の推進拠点にて、テレワークセンター(かわもとテレワークスペースOTO-LaVo(オトラボ))を運営しています。テレワークとは、インターネット環境を活用し都市部からの仕事を地方で実施する新しい働き方の1つで、時間や場所にとらわれず在宅等でも就労できることから、子育て中の方や介護中の方などを中心にワークライフバランスのある働き方につながる効果が期待できます。 今回、テレワークセンター(オトラボ)に、「託児スペース」と「学習スペース」を作り子育て中の方がより就労しやすい環境を整備し、働きやすい環境づくりにつなげることを目的にクラウドファンディングに挑戦します。また、提案事業の1つとして「軽運動プログラムの提供」を行ない、健康づくりの場も併せて提供します。
「廃線の町」を元気に!小さな町の子どもおみやげチャレンジ ~将来の起業家育成~
島根県川本町は島根県の中央山間部に位置する人口約3,300人の小さなまちです。2018年3月31日にはJR三江線の廃線というさみしい出来事がありました。少子化により子どもの数も減ってきていますが、まちの子どもたちは豊かな自然環境の中で成長しています。 まちごとキャンパスネットは、川本町の活性化に取り組むことを目的にこの町で育ったUターン者や、地域おこし協力隊を中心に昨年設立された団体です。現在は小~高校生の自習学習スペースの運営や子どもたちのキャリア教育支援などの教育魅力化関連事業に加え、昨年度限りで廃線となったJR三江線跡を活用したレールバイクイベントなど、教育、観光分野を中心に町の活性化に取り組んでいます。 今回、子どもたちの起業体験を通じ起業マインドを育むために行ってきた「ベンチャーキッズスクール」を、更に発展させ、より本格的な起業体験につなげることで川本町から将来の経営者や起業家を育成することを目的にクラウドファンディングに挑戦します。 子どもたちが川本町の新たな「おみやげ」を考え、リサーチから販売までを体験し、町の新たな「おみやげ」の収益を元に、子どもたちへの継続的な起業体験の提供や三江線活用事業の支援を目指します。

島根県 川本町 基本情報

住所
島根県島根県邑智郡川本町大字川本271-3
URL
http://www.town.shimane-kawamoto.lg.jp/doc/zeikin/115
TEL
0855-72-0636

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる