イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ふくいけん
  • さかいし
  • 福井県
  • 坂井市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

協働のまちづくりに関する事業
政策名|みんなでこどもの安全見守りたい 目標額|400万円 速報値|2月末現在 9,557千円 達成率238.93% 目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 児童や生徒の登下校時に、通学路に立って安全を見守る「こども見守り隊」の着衣を統一し、ボランティアを対象に支給します。 見守り隊の存在を、こどもや大人が認識することで、こどもには安心感を与え、大人には交通安全の効果やボランティア活動への意識の高揚につなげます。
奨学金支援に関する事業
政策名|おかえりUターン就職 奨学金支援事業 NEW!! 目標額|5000万円 速報値|2月末現在 69,792千円 達成率139.58% 目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 坂井市は全国住みよさランキングにおいて、5年連続トップ5にはいる日本屈指の「住みよいまち」です。 そんな住みやすさをぜひ実感していただきたく、ふるさと坂井市からの「おかえり」という優しい一言と共に、Uターン就職者を支援する坂井市らしい温かみ溢れる制度をつくります。 坂井市へ帰ってくる悩める学生の負担を1人でも多く軽減するため、ご支援・御協力をお願いします。   写真:「地方創生に係る包括的連携に関する協定」を締結している㈱福井銀行より提供。
環境保全に関する事業
政策名|こどもの森保全事業 NEW!! 目標額|3000万円 速報値|2月末現在 95,082千円 達成率316.94% 目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 坂井市東部の森林地帯は竹田川の源流となっており、市民の暮らしにとってかかせない大きな存在となっております。 いつの時代になっても、坂井市の子どもが遊び・学ぶことのできる、環境を残し、自然あふれる子育てができるようにします。 坂井市の豊かな自然を後世に残すため、ご支援・ご協力をよろしくお願いします。
丸岡城および丸岡地区に関する事業
政策名|国宝化を目指す日本最古の天守閣 丸岡城址復元事業 NEW!! 目標額|3億円 速報値|2月末現在 79,470千円 達成率26.49% 丸岡城は坂井市丸岡町にある日本最古の現存天守閣を持つ城です。丸岡地域のシンボルとして地域住民に愛され続けている丸岡城ですが、残念ながらいまだ国宝としての認定は受けておりません。 丸岡城を国宝とするためには、かつての情景や賑わいを取り戻す必要がありますが、そのためには膨大な整備費用が必要となります。 丸岡城に深い愛情を持つ皆さまからのご支援により、丸岡城が「日本一の城」というに相応しい情景を取り戻すため、ご協力をよろしくお願いします。
東尋坊などで有名な三国地区に関する事業
政策名|歴史と文化の薫るまちづくり事業 目標額|700万円 速報値|2月末現在 38,932千円 達成率556.17% 目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 観光客が立ち寄る三国地区の数多くの名所、旧跡、観光施設等に、統一したデザインの案内説明板を設置します。 また、案内冊子やマップなどの充実を図り、積極的な情報発信を行います。
ゆりの里、春江地区に関する事業
政策名|春江ゆりの里 フラワーファームづくり事業 NEW!! 目標額|1億5000万円 速報値|2月末現在 7,884千円 達成率5.26% 坂井市春江町にある「ゆりの里公園」は市の花「ゆり」をモチーフとした公園で、坂井市民の憩いの場となっております。 ゆりの季節である6月には約15万輪のゆりが咲き誇り、市内外より多くの観光客が訪れます。この地に観光農園を整備し、ゆりの季節以外も賑わい溢れる空間とすることで、花と農園と訪れる人の笑顔溢れる公園にします。  
かがしのまち、坂井地区に関する事業
政策名|さかいマイロード事業 目標額|150万円 速報値|2月末現在 8,443千円 達成率562.86% 目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 幹線道路沿いの主要な交差点に交通安全標語を記したかがしのモニュメントを設置するなど、安全で誰もが和やかに走れる道路環境を整備します。 地元の住民や団体が制作することにより地域の輪が広がり「かがしのまち坂井」をアピールします。
平成30年福井県坂井市 雪害支援
【協働】LED防犯灯整備事業~安心して暮らせる私たちの街を目指して~【NEW】
目標額|9,750万円 地球温暖化防止の二酸化炭素削減に伴う省エネルギー政策によって、2020年までに白熱灯、蛍光灯の製造中止が発表されています。今後、街路灯(防犯灯)をLEDに取り替えていく必要があり、各集落に相当の負担がかかることが想定されます。全国の皆様からいただく寄附金を活用し、LED防犯灯の普及を促進します。地域がLEDの明るい光で照らされることにより、安全安心のまちづくりができ、同時に地球環境の保全促進にも繋がります。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【協働】坂井市公式マスコットキャラクター育成事業~キャラと市民で築く郷土愛~ NEW!! 目標額|2,000万円 坂井市には市全般の情報を発信する公式マスコットキャラクターが不在であり、県内のキャラクターが集まるイベントなどにおいては、ちょっぴり寂しい思いをしています。ご当地キャラクターは一過性のブームと捉えられがちですが、全国には根強いファンがいます。地域で協力してキャラクターを成長させていくことで、世代を超えて愛されるキャラクターを生み出します。皆様からいただいた寄附金は、キャラクターの誕生や運営に係る経費に活用します。 【協働】インバウンド対策 外国人活躍事業 NEW!! 目標額|6,000万円 福井県へ観光に来る外国人は年々増加しており、県内で人気の観光地「東尋坊」「丸岡城」を擁する坂井市でも、外国人を目にする機会は増えています。しかしながら、全国のインバウンド先進地と比較すると外国人をおもてなしする環境が整っているとは言えない状況です。外国人の気持ちは外国人が一番よく分かる、ということで、ALT修了者や日本語で会話できる外国人を観光地で雇用します。外国人から見た坂井市の魅力を発見してもらい、それを発信することで外国人観光客が訪れやすい環境をつくります。
【教育】教育ICT整備事業 ~未来に飛躍する児童生徒のために~【NEW】
目標額|3,000万円 全国の皆様から頂いた寄附金を活用して、市内19の小学校及び5の中学校に、タブレット、大型ディスプレイ、電子黒板などのICT機器を計画的に設置します。子どもたちの学習への興味や関心を高め、分かりやすい授業や主体的で協働的な学びを実現でき、確かな学力を育成することにより、次代を担う子どもの健全育成を図ります。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【教育】子ども達に本を贈ろうプロジェクト NEW!! 目標額|5,000万円 坂井市には24の小中学校がありますが、子ども達が求めている本を十分に整備できていない現状があります。現に、教育方針して図書館での「調べ学習」を推奨していますが、虫、魚などの図鑑や専門書は一般的な物語本よりも価格が高く、十分に整備できておりません。さらに、小学校は中学校と比べて本の貸し出しが多く、傷んでいる本が数多く見受けられる現状です。全国の皆様からいただいた寄附金を活用し、図鑑や専門書、その他人気シリーズの物語本など、各小中学校の子ども達が希望する本を購入します。子ども達が、多くの本を読むことで、さまざまな知識を身に付け、より良い未来を創造することができるようになることを期待します。
【環境】『防犯』カメラを止めるな!女性と子どもが安心できるまちづくり事業【NEW】
目標額|650万円 坂井市内に設置されている防犯カメラのほとんどは公共施設の中にあり、道路、駐車場などの公共空間には設置されておりません。また、市ではドライブレコーダーの普及活動を行う団体「ドラレコ隊」を結成しています。これにより、街を走る車一台一台が防犯カメラのような役割を担うことができるため、よりいっそう安心安全なまちづくりを推進することができます。全国の皆様からいただく寄附金は、ドラレコの普及促進活動、防犯カメラの設置事業など、地域の人々が安心して暮らせる街づくりのために活用します。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【環境】鳥獣害のない住みよいまちづくり事業 NEW!! 目標額|1,000万円 坂井市ではイノシシ・カラス・アライグマ・ハクビシンなどの動物による農産物への被害が頻発しています。このうちカラスについては、市内住宅地に密集して飛来し、糞により景観を損ねるなど、農業以外の分野においても被害が発生しています。しかしながら、銃による駆除には限界があり、早急な対策が求められています。全国の皆様からいただいた寄附金を活用し、カラスの駆除につながる先進的な取組み、餌場を減らす取り組み、新たな捕獲方法の実施などを行います。
【文化】目指せ国宝化!丸岡城周辺賑わい創出事業
【百口城主プロジェクト対象事業】 当事業を寄附金の使い道に選択し、自動継続寄附サービス『ふるさとマンスリーサポーター』を利用して坂井市に寄附する場合、『百口城主プロジェクト』の対象となり、様々な特典が受けられます。 『百口城主プロジェクト』についての詳細は以下のページをご確認ください。 ▼丸岡城 百口城主プロジェクトについて https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/18210/3989?city-product_original ※通常の返礼品をお受け取りになる単発でのご寄附の場合、百口城主プロジェクトの特典は受けられませんのでご注意ください。 目標額|3億円 丸岡城は坂井市丸岡町にある木造の現存天守閣を持つ城です。丸岡地域のシンボルとして住民に愛され続けている丸岡城ですが、残念ながらいまだ国宝としての認定は受けておりません。丸岡城を国宝とするためには、かつての情景や賑わいを取り戻す必要がありますが、そのためには膨大な費用が必要となります。丸岡城に深い愛情を持つ皆さまからのご支援により、丸岡城が「日本一の城」というに相応しい情景を取り戻すため、ご協力をよろしくお願いします。
【三国】三国まつり山車保全事業 ~人口減少から300年の歴史を守れ~
目標額|9,000万円 三国祭は北陸三大祭りの一つであり、6.5メートルの山車6基を、露店がズラリと並ぶ帯の幅ほど細い街並みの中を、賑やかなお囃子と共に曳き歩く、約300年の歴史のある祭です。 三国祭の舞台となる坂井市三国町は、市内でも特に人口減少の激しい地域であり、現在約2万人の人口が、40年後には半分の1万人程度になるとされており、三国祭りの存続が危惧されています。本来であれば地域の若者が担うべき山車の巡業ですが、若者の人口流出により人手が足りず、ボランティアをかき集めて実施しているという現状です。 また、三国祭のシンボルとなっている山車は毎年新しいものに作り替えるのが伝統ですが、山車を制作できる人形師が現在地域に1人しかいません。そのため地域住民で協力して山車の制作に乗り出しておりますが、山車の制作には膨大な費用が掛かり、人口減少に苦しむ地域の予算では今後十分な山車が制作できなくなっていく恐れがあります。 人口減少の荒波から三国祭を守り、後世に地域文化として継承していくためにも、全国の皆様よりいただくご支援を活用し、三国祭山車等の保全活動を行いますので、ご協力をよろしくお願いします。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【三国】日本遺産認定に伴う「みくに龍翔館」リニューアル事業 ~魅力あふれる博物館を目指して~ 目標額|1億円 みくに龍翔館は坂井市三国町にある、三国の歴史の全てが詰まった博物館です。昭和56年の開業より、市民の皆様や多くの観光客の方々に愛されてきましたが、会館より一度も改修をしたことがなく、建物の劣化が著しく進んでおります。平成30年5月に三国湊が日本遺産に認定されたこともあり、その物語を後世に伝えていくためにみくに龍翔館は重要なコンテンツであることは間違いありません。皆様からいただくご支援をもとに、みくに龍翔館をリニューアルし、新たな展示設備を導入することで、三国湊の当時の賑わいが体感できる施設へと改修を行います。
【丸岡】「名湯霞の郷」官民連携 光の演出付加価値創造事業【NEW】
目標額|650万 全国の皆様からいただく寄附金を活用し、「名湯霞の郷」にて、プロジェクションマッピングやイルミネーションを行います。若者や観光客を呼び込み、施設の魅力度アップを狙います。光の演出には、市と包括連携協定を締結している「㈱リコー」の技術を採用し、地元のイベントでイルミネーションを広く手掛けている「のうねの郷まちづくり協議会」と連携し「名湯霞の郷」に光の華を添えます。
【春江】笑顔の花が咲く!夢の遊び場誕生プロジェクト@ゆりの里公園
目標額|4,200万 全国の寄附者の皆様からいただく寄附金を活用し、子どもたちの描く夢のような遊具を坂井市春江町のゆりの里公園に設置します。地元の小学生から遊んでみたい遊具のデザインを募集し、大人たちの本気でそれを実現させます!!ゆりの里公園は、6月のゆりの季節になると市の花であるゆりが6万本以上咲き誇る、話題の公園です。地元の保育園や小学校の近くにある公園ではありますが、子ども達が思いっきり遊べるような遊具が現在設置されていません。市民の憩いの場であるゆりの里公園に、夢の遊具を設置するために全国の皆様のお力をお貸しください!!
【坂井】農産物の情報発信ターミナル!「道の駅さかい」直売所増設プロジェクト
目標額|1億円 広大な坂井平野や坂井北部丘陵地の恵みを受け、坂井市は魅力あふれる農産物が多数生産されています。坂井市坂井町にある「道の駅さかい」では「いねす市」という農産物直売所を開設していますが、十分な面積が無く、一部の地域の農産物を取り扱うに留まっています。全国の寄附者の皆様からいただく寄附金を活用し、「道の駅さかい」の農産物直売所を増設いたします。生産者の利便性を向上させるのみならず、やりがいを創出することで生産者の農業所得の向上を促します。また消費者への安定的な農産物の供給を実現することは、坂井市における離農問題や後継者不足の解消の一手となります。道の駅さかいへ集まる農産品をふるさと納税の返礼品として全国の皆様へとお届けすることも可能であり、域外発送の拠点としての機能を持ち合わせることも期待できます。
【市長】市長におまかせ
【百口城主】目指せ国宝化!丸岡城周辺賑わい創出事業
【百口城主プロジェクト対象事業】 当事業を寄附金の使い道に選択し、自動継続寄附サービス『ふるさとマンスリーサポーター』を利用して坂井市に寄附する場合、『百口城主プロジェクト』の対象となり、様々な特典が受けられます。 『百口城主プロジェクト』についての詳細は以下のページをご確認ください。 ▼丸岡城 百口城主プロジェクトについて https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/18210/3989?city-product_original 目標額|3億円 速報値|8月7日現在 111,943千円 達成率37.31% 丸岡城は坂井市丸岡町にある木造の現存天守閣を持つ城です。丸岡地域のシンボルとして住民に愛され続けている丸岡城ですが、残念ながらいまだ国宝としての認定は受けておりません。丸岡城を国宝とするためには、かつての情景や賑わいを取り戻す必要がありますが、そのためには膨大な費用が必要となります。丸岡城に深い愛情を持つ皆さまからのご支援により、丸岡城が「日本一の城」というに相応しい情景を取り戻すため、ご協力をよろしくお願いします。
【協働】LED防犯灯整備事業~安心して暮らせる私たちの街を目指して~【NEW】
目標額|9,750万円 速報値|8月21日現在 40,760千円 達成率41.80% 地球温暖化防止の二酸化炭素削減に伴う省エネルギー政策によって、2020年までに白熱灯、蛍光灯の製造中止が発表されています。今後、街路灯(防犯灯)をLEDに取り替えていく必要があり、各集落に相当の負担がかかることが想定されます。全国の皆様からいただく寄附金を活用し、LED防犯灯の普及を促進します。地域がLEDの明るい光で照らされることにより、安全安心のまちづくりができ、同時に地球環境の保全促進にも繋がります。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【協働】坂井市公式マスコットキャラクター育成事業~キャラと市民で築く郷土愛~ NEW!! 目標額|2,000万円 坂井市には市全般の情報を発信する公式マスコットキャラクターが不在であり、県内のキャラクターが集まるイベントなどにおいては、ちょっぴり寂しい思いをしています。ご当地キャラクターは一過性のブームと捉えられがちですが、全国には根強いファンがいます。地域で協力してキャラクターを成長させていくことで、世代を超えて愛されるキャラクターを生み出します。皆様からいただいた寄附金は、キャラクターの誕生や運営に係る経費に活用します。 【協働】インバウンド対策 外国人活躍事業 NEW!! 目標額|6,000万円 福井県へ観光に来る外国人は年々増加しており、県内で人気の観光地「東尋坊」「丸岡城」を擁する坂井市でも、外国人を目にする機会は増えています。しかしながら、全国のインバウンド先進地と比較すると外国人をおもてなしする環境が整っているとは言えない状況です。外国人の気持ちは外国人が一番よく分かる、ということで、ALT修了者や日本語で会話できる外国人を観光地で雇用します。外国人から見た坂井市の魅力を発見してもらい、それを発信することで外国人観光客が訪れやすい環境をつくります。
【教育】教育ICT整備事業 ~未来に飛躍する児童生徒のために~【NEW】
目標額|3,000万円 速報値|目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 全国の皆様から頂いた寄附金を活用して、市内19の小学校及び5の中学校に、タブレット、大型ディスプレイ、電子黒板などのICT機器を計画的に設置します。子どもたちの学習への興味や関心を高め、分かりやすい授業や主体的で協働的な学びを実現でき、確かな学力を育成することにより、次代を担う子どもの健全育成を図ります。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【教育】子ども達に本を贈ろうプロジェクト NEW!! 目標額|5,000万円 坂井市には24の小中学校がありますが、子ども達が求めている本を十分に整備できていない現状があります。現に、教育方針して図書館での「調べ学習」を推奨していますが、虫、魚などの図鑑や専門書は一般的な物語本よりも価格が高く、十分に整備できておりません。さらに、小学校は中学校と比べて本の貸し出しが多く、傷んでいる本が数多く見受けられる現状です。全国の皆様からいただいた寄附金を活用し、図鑑や専門書、その他人気シリーズの物語本など、各小中学校の子ども達が希望する本を購入します。子ども達が、多くの本を読むことで、さまざまな知識を身に付け、より良い未来を創造することができるようになることを期待します。
【環境】『防犯』カメラを止めるな!女性と子どもが安心できるまちづくり事業【NEW】
目標額|650万円 速報値|目標額達成!!多くのご支援ありがとうございました。後日事業内容についてご報告させていただきます。 坂井市内に設置されている防犯カメラのほとんどは公共施設の中にあり、道路、駐車場などの公共空間には設置されておりません。また、市ではドライブレコーダーの普及活動を行う団体「ドラレコ隊」を結成しています。これにより、街を走る車一台一台が防犯カメラのような役割を担うことができるため、よりいっそう安心安全なまちづくりを推進することができます。全国の皆様からいただく寄附金は、ドラレコの普及促進活動、防犯カメラの設置事業など、地域の人々が安心して暮らせる街づくりのために活用します。 ☆上記の事業が目標額に達成した場合、次に寄附金の募集を開始する事業 【環境】鳥獣害のない住みよいまちづくり事業 NEW!! 目標額|1,000万円 坂井市ではイノシシ・カラス・アライグマ・ハクビシンなどの動物による農産物への被害が頻発しています。このうちカラスについては、市内住宅地に密集して飛来し、糞により景観を損ねるなど、農業以外の分野においても被害が発生しています。しかしながら、銃による駆除には限界があり、早急な対策が求められています。全国