イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • にいがたけん
  • にいがたし
  • 新潟県
  • 新潟市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

⑦-ア 市長におまかせ(新潟暮らし創造運動の推進)
 新潟暮らしの魅力を市内外にPRすることを通して、若者の流出抑制など定住促進を図るとともに、UIJターンなど本市への移住を促進し、新潟暮らし創造運動を推進していきます。  また、市内外の対象者に応じた情報発信機能の充実を図ります。 ☆新潟市移住・定住情報サイト「新潟暮らしは、HAPPYターン。」もご覧ください。  (事業費1,372万7千円)
⑦-イ 市長におまかせ(新潟開港150周年記念事業)
 2019年1月1日に迎える新潟開港150周年を、新しい新潟を切り開くスタートの機会として位置づけ、みなとまちの歴史や文化を継承・発展させてシビックプライド(地域の誇りや愛着)を醸成するとともに、みなとまち新潟の魅力を国内外へ発信し、交流人口の拡大や地域の活性化を図ります。詳しくは市ホームページをご覧ください! 【開催期間】2018年7月から2019年12月まで 【キックオフイベント】海フェスタにいがた  2018年7月14日~7月29日  新潟港(新潟市、聖篭町)・両津港(佐渡市)をステージに、様々な船の誘致や体験乗船、海の総合展・絵画展などを開催しました。 (事業費2,530万円)
①歴史・文化・スポーツ
~市民スポーツの振興と歴史・文化の薫るまちづくり~ 【活用事業例】 ●開港150周年記念事業(事業費1,000万円)  新潟港は2019年1月で開港150年。みなとまち新潟の歴史や文化を継承・発展させるとともに国内外に発信します。 ●東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会などに向けたナショナルチーム合宿の誘致(事業費2,220万円)  合宿を誘致することで、更なるスポーツへの関心の高まりや、国内外への本市の魅力発信、地域活性化を図ります。 ●新潟市マンガ・アニメ情報館、新潟市マンガの家(事業費1億1000万円)  マンガ・アニメの魅力を楽しみながら学べる常設展や幅広いジャンルの企画展を開催します。 ●にいがたマンガ大賞(事業費386万円)  プロ・アマを問わずマンガ作品を募集します。マンガ創作の楽しさ、マンガのもつ表現の豊かさを新潟から全国に向けてアピールします。 ●りゅーとぴあ 新潟市市民芸術文化会館の運営  (事業費8億4000万円)  演劇、能楽などの伝統文化、ジュニア育成、劇場専属舞踊団「Noism」などの事業を実施し、市民文化の向上、舞台芸術の振興を図ります。 ●旧齋藤氏別邸庭園保存事業(事業費1,221万円)  庭園は国の名勝に指定。市民の宝として整備を行い、みなとまち文化の魅力を発信します。
②福祉
~健康でいきいきと暮らせるまちづくり~ 【活用事業例】 ●「助け合いのまちづくり」に向けた取組(事業費2億2,000万円)  本市発祥の多世代の居場所「地域の茶の間」を広げます。また、助け合いの活動を学ぶ「助け合い学校」を開講し、地域住民が担い手となる新たな助け合いの取り組み「お互さま・新潟」によりお互い助け合う地域の気風を広げていきます。 ●障がい者の雇用促進と就労支援(事業費44億円)  障がい者がそれぞれにふさわしい働き方で社会の自己実現を果たし、いきいきと輝いていられるよう支援します。
③子育て
~未来を担う子どもたちの育成~ 【活用事業例】 ●病児・病後児保育事業(事業費3億円)  全区に病児または病後児保育施設を整備し、子育てしやすい新潟市を目指します。 ●子どもの貧困対策  すべての子どもたちが夢と希望をもって成長できる社会の実現を目指した取組を総合的、効果的に推進します。 ●未満児保育事業(事業費9億2,000万円)  国の基準より保育士の配置を手厚くし、子育てしやすい新潟市を目指します。
④環境
~地球環境問題への取り組み~ 【活用事業例】 ●新潟市の鳥「ハクチョウ」が多く飛来する豊かな自然環境の保全(事業費41万円)  冬ハクチョウのねぐらとなる佐潟をはじめとした里潟の環境保全を推進します。 ●環境と人にやさしい農業の促進(事業費3,643万円)  化学合成した農薬や肥料の使用を控える安心・安全の農産物を実践する農業者を支援します。 ●飼い主のない猫の不妊去勢手術助成(事業費170万円)  殺処分される猫を減らす取り組みを推進します。
⑤新潟ブランド
~全国に誇れる食と花の魅力づくり~ 【活用事業例】 ●食文化創造都市の推進(事業費2,874万円)  「ガストロノミー(食文化)ツーリズム」の構築や、若手料理人への支援を行うことで新潟市の食文化の魅力を広く発信し、交流人口を拡大します。 ●元気な農業応援事業(事業費7億8,000万円)  農業の担い手の育成を図ることで、新潟市の農業を持続的に発展させ、魅力ある農業の発信により新規就農者の確保につなげます。 ●新潟市健幸づくり応援食品認定制度(事業費74万円)  「機能的に優れた新潟らしい食品」を消費者へ効果的に発信し、食品の付加価値向上と市民の健康維持・増進を図ります。
⑥-1特色ある区づくり(北区)
【活用事業例】 ●地域子育て支援事業(事業費260万円)  地域と大学が連携して、子どもたちの福祉向上に取り組みます。 ●「次世代農場」推進事業(事業費100万円)  県下一の出荷量を誇るトマト。ICTなどの新技術を導入し農業所得の拡大を図るとともに、北区特産のさつまいも「しるきーも」のPRを通して地域経済の活性化を図ります。
⑥-2特色ある区づくり(東区)
【活用事業例】 ●東区の産業・観光にぎわいプロジェクト(事業費220万円)  東区の個性「産業のまち」を広く発信するため、工場夜景バスツアーなどのイベントを開催し交流人口を拡大します。 ●区民こいのぼりプロジェクトin寺山公園(事業費270万円)  子どもの成長、子育てのシンボルであるこいのぼりを寺山公園に掲揚し、東区の魅力を発信します。 
⑥-3特色ある区づくり(中央区)
【活用事業例】 ●とやの物語《NEXT STORY》(事業費330万円)  新潟市の水と土の歴史の象徴ともされる鳥屋野潟。鳥屋野潟の自然に触れ、自然環境の大切さを啓発するイベント「とやの物語」を実施します。 ●北前船がもたらした伝統的産業PR事業(事業380万円)  北前船と密接に関連する「新潟漆器」「発酵食」「古町芸妓」の魅力を再発見してもらい、次世代への普及促進と産業振興を図ります。 
⑥-4特色ある区づくり(江南区)
【活用事業例】 ●ぐるっと巡って発見・体験ツアー(事業費260万円)  江南区の伝統芸能や祭り、産業などの観光資源を発掘し、さらにそれらを組み合わせることで新たな魅力づくりを行います。 ●「農」に親しむ(事業費200万円)  江南区の特産農産物の収穫体験や学校給食との連携など「農」に親しむ機会を提供します。
⑥-5特色ある区づくり(秋葉区)
【活用事業例】 ●Akihaレール浪漫<ren-ketsu>(事業費315万円)  新津は「SLばんえつ物語」号の始発駅であるなど,「鉄道のまち」として有名です。商店街や子どもたちと「鉄道」を活かしたまちづくりに取り組みます。 ●Akiha もち麦プロジェクト推進事業(事業費120万円)  子どもたちと障がい者、大学生が共同して農作業を行い、障がい者への理解や農業への就労意欲の醸成を図ります。
⑥-6特色ある区づくり(南区)
【活用事業例】 ●ル レクチェ ブランディング事業(事業費340万円)  フランス原産の幻の西洋梨と称され、独特の舌触りと濃厚な香りをもつ「ル レクチェ」のブランド力の強化を図ります。 ●南区まちづくり支援事業(事業費270万円)  地元の特産や素材を活用した「みなみマルシェ」を開催し、交流人口の拡大、まちなかの活性化を図ります。
⑥-7特色ある区づくり(西区)
【活用事業例】 ●西区特産農産物 魅力発信・ブランディング事業(事業費336万円)  「くろさき茶豆」や「いもジェンヌ」など西区の特産農産物の魅力を県内外に発信し、知名度向上とブランド化、消費拡大を推進します。 ●西区を堪能 まち歩き・観光ツアー(事業費178万円)  区内の魅力ある自然景観や史跡などと旬の特産農産物の収穫体験を組み合わせた観光ツアーを実施することで、交流人口の拡大を図ります。
⑥-8特色ある区づくり(西蒲区)
【活用事業例】 ●わらアートまつり事業(事業費870万円)  「稲わら」を材料にした様々なオブジェ(わらアート)を制作・展示する米どころ新潟市ならではのイベントです。 ●にしかん健康プロジェクト(事業費300万円)  こどもから高齢者まで、多世代にわたり、区民の健康づくりや福祉施策をすすめていきます。
⑦市長におまかせ(その他の事業)
市が取り組んでいる事業全般に活用させていただきます。

新潟県 新潟市 基本情報

住所
新潟県新潟県新潟市中央区学校町通1番町602番地1
URL
http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/seisaku/jigyoproject/furusatokifukin.html
TEL
025-226-2409

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる