イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • にいがたけん
  • にいがたけん
  • 新潟県
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

廃棄される農産物を1次加工する工場を作り、育児中の母親や障がいのある人が働く場を作りたい。
東京から結婚を機に小千谷に移住。農業法人で10年間働いた経験を生かし、3年前に「農プロデュースリッツ」を独立・起業。農家の営業代理店と農カフェ経営、農家への人材派遣の仕事を通じ、廃棄される野菜の多さと1次加工された野菜の需要の多さを実感しました。 新潟県のおいしい農産物を多くの人に伝えたい、そして働きやすい職場を小千谷に作り、地域の活性化に繋がるようにしたいと考え、新たな会社を作ること決意し、今回の事業に挑戦することにしました。 育児中の母親、障がいのある人でも働きやすい環境を整え、製造業の許可をとり、野菜を一次加工する工場を作りたいと思います。
添加物と保存料不使用の赤ちゃんからお年寄りまで安心して食べられる新潟県産米粉スイーツで、新潟を活性化させたい!
新潟にはお米、お酒に代表されるようにおいしい食材がたくさんあります。たくさんの方々が心を込めて作った大切な食材をお預かりして、保存料や添加物を使わずにグルテンフリーの米粉スイーツを作りたいと、今回クラウドファンディングに挑戦します。 現在空き家となっている懐かしい実家は、新潟市の発祥の地である「下町(しもまち)」にあります。そこを加工所に改装して再利用し、下町から新潟県産の食材を使った米粉スイーツを発信していくことで、新潟の活性化につなげていきます。」
暮らしに寄りそう布小物の企画・製造・販売を通じて、天然素材の素晴らしさや環境に配慮した暮らしの提案を行いたい!
出産、育児をする中で、たくさんの気づきがありました。「赤ちゃん用の洗剤が別にあるのはなぜか?赤ちゃんの肌着は綿100%が良い!」など、そこからいろいろと調べることで、現代社会の問題点やその背景を知り、少しでも改善していく方法はないかと考えるようになりました。 それと同時に天然素材の素晴らしさを再確認し、それを活かしたモノづくりを行うようになりました。 繰り返し使える米ぬか温しっぷや、リネンのタオル類、肌面シルクのマスク、ふんパン、みつろうラップなど、友人からの評判も良く、少しずつ口コミで広がっていきました。 暮らしに寄りそった布小物を多くの人に使ってもらいたい、そして天然素材の布小物を通じて環境に配慮した暮らしの提案を行いたいという思いから起業し「@木野子」ブランドを立ち上げたく、今回クラウドファンディングに挑戦します。
①災害からの復旧・復興と災害に強いまちづくりに全力で取り組みます
平成23年3月の東日本大震災や新潟・長野県堺地震、7月の新潟・福島豪雨など災害からの復旧・復興に取り組むとともに、震災や豪雪等の自然災害に強いふるさとづくりを推進します。
②ふるさと新潟との交流や移住を促進します
グリーンツーリズムなど農山漁村での体験交流や移住促進を充実させ、より多くの方から新潟に来ていただけるような取組を進めます。
③にいがた産品のブランド化を推進し全国に発信します
安全安心は農林水産物のブランド化、産地ブランドの育成・強化など「にいがたブランド」の構築・強化を図るとともに、積極的に全国に情報を発信します。 ※写真は「百年物語」鎚起銅器、越後杉ブランドで建てる家、にいがたフード・ブランド「越後姫」です。
④ふるさと新潟の中山間地域を守り活性化を図ります
美しい棚田や里山など、日本の原風景ともいえる中山間地域を守り活性化を図るため、農林水産業の振興を充実した過疎対策を推進します。
⑤地場産業の振興や雇用の場の確保を図ります
地域の優れた技術を活かした洋食器やにっと、織物など地場産業の振興を図るとともに、企業誘致に向けた取組を積極的に進めます。
⑥少子高齢化に対応した健康で暮らしやすいまちづくりを進めます
誰もが身近に医療を受けられる、子どもたちを安心して産み育てられる、高齢者が暮らしやすい、そんなやさしいまちづくりを進めます。
⑦教育環境の充実と文化・スポーツの振興を図ります
子どもたちの生きる力を育む教育の推進、生涯にわたりスポーツに親しむことができる環境づくり、佐渡金銀山の世界資産登録に向けた取組を進めます。 007:(c)NIIGATAALBIREX BB/bj-league
⑧知事にお任せ
将来に希望の持てる魅力ある新潟県の実現に向け、大切に使わせていただきます。
廃棄される農産物を1次加工する工場を作り、育児中の母親や障がいのある人が働く場を作りたい。
東京から結婚を機に小千谷に移住。農業法人で10年間働いた経験を生かし、3年前に「農プロデュースリッツ」を独立・起業。農家の営業代理店と農カフェ経営、農家への人材派遣の仕事を通じ、廃棄される野菜の多さと1次加工された野菜の需要の多さを実感しました。 新潟県のおいしい農産物を多くの人に伝えたい、そして働きやすい職場を小千谷に作り、地域の活性化に繋がるようにしたいと考え、新たな会社を作ることを決意し、今回の事業に挑戦することにしました。 育児中の母親、障がいのある人でも働きやすい環境を整え、製造業の許可をとり、野菜を一次加工する工場を作りたいと思います。
添加物と保存料不使用の赤ちゃんからお年寄りまで安心して食べられる新潟県産米粉スイーツで、新潟を活性化させたい!
新潟にはお米、お酒に代表されるようにおいしい食材がたくさんあります。たくさんの方々が心を込めて作った大切な食材をお預かりして、保存料や添加物を使わずにグルテンフリーの米粉スイーツを作りたいと、今回クラウドファンディングに挑戦します。 現在空き家となっている懐かしい実家は、新潟市の発祥の地である「下町(しもまち)」にあります。そこを加工所に改装して再利用し、下町から新潟県産の食材を使った米粉スイーツを発信していくことで、新潟の活性化につなげていきます。
暮らしに寄りそう布小物の企画・製造・販売を通じて、天然素材の素晴らしさや環境に配慮した暮らしの提案を行いたい!
出産、育児をする中で、たくさんの気づきがありました。「赤ちゃん用の洗剤が別にあるのはなぜか?赤ちゃんの肌着は綿100%が良い!」など、そこからいろいろと調べることで、現代社会の問題点やその背景を知り、少しでも改善していく方法はないかと考えるようになりました。 それと同時に天然素材の素晴らしさを再確認し、それを活かしたモノづくりを行うようになりました。 繰り返し使える米ぬか温しっぷや、リネンのタオル類、肌面シルクのマスク、ふんパン、みつろうラップなど、友人からの評判も良く、少しずつ口コミで広がっていきました。 暮らしに寄りそった布小物を多くの人に使ってもらいたい、そして天然素材の布小物を通じて環境に配慮した暮らしの提案を行いたいという思いから起業し「@木野子」ブランドを立ち上げたく、今回クラウドファンディングに挑戦します。
令和元年新潟・山形地震

新潟県 基本情報

住所
新潟県新潟県新潟市中央区新光町4番地1
URL
http://www.pref.niigata.lg.jp/chiikiseisaku/furusato.html
TEL
025-280-5095

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる