イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • とうきょうと
  • すみだく
  • 東京都
  • 墨田区
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

【第12弾】すみだ北斎美術館企画展「Hokusai Beauty ~華やぐ江戸の女たち~」を支援しよう!
日本が誇る江戸時代の絵師・葛飾北斎の生誕地である墨田区に、昨年誕生した「すみだ北斎美術館」。 この美術館は、北斎の作品を後世へ伝える場として、また「すみだブランド」をはじめとする地域の産業や観光を世界へ向けて発信する拠点として設立されました。 この美術館が墨田区の新たな拠点となるよう、引き続き皆さまのご支援をお願いいたします。
すみだ北斎美術館の支援
日本が誇る江戸時代の絵師・葛飾北斎の生誕地である墨田区に、昨年誕生した「すみだ北斎美術館」。 この美術館は、北斎の作品を後世へ伝える場として、また「すみだブランド」をはじめとする地域の産業や観光を世界へ向けて発信する拠点として設立されました。 この美術館が墨田区の新たな拠点となるよう、引き続き皆さまのご支援をお願いいたします。 お寄せいただいたご寄附は、「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクト等、地域へ世界へと”北斎”を発信していくため、「墨田区北斎基金」「墨田区文化観光基金」へ充てさせていただきます。
防災、防犯、環境、都市づくりに関する分野
すみだ北斎美術館の支援
日本が誇る江戸時代の絵師・葛飾北斎の生誕地である墨田区に、昨年誕生した「すみだ北斎美術館」。 この美術館は、北斎の作品を後世へ伝える場として、また「すみだブランド」をはじめとする地域の産業や観光を世界へ向けて発信する拠点として設立されました。 この美術館が墨田区の新たな拠点となるよう、引き続き皆さまのご支援をお願いいたします。 お寄せいただいたご寄附は、「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクト等、地域へ世界へと”北斎”を発信していくため、「墨田区北斎基金」「墨田区文化観光基金」へ充てさせていただきます。
すみだ北斎美術館の支援
日本が誇る江戸時代の絵師・葛飾北斎の生誕地である墨田区に、昨年誕生した「すみだ北斎美術館」。 この美術館は、北斎の作品を後世へ伝える場として、また「すみだブランド」をはじめとする地域の産業や観光を世界へ向けて発信する拠点として設立されました。 この美術館が墨田区の新たな拠点となるよう、引き続き皆さまのご支援をお願いいたします。 お寄せいただいたご寄附は、「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクト等、地域へ世界へと”北斎”を発信していくため、「墨田区北斎基金」「墨田区文化観光基金」へ充てさせていただきます。
【第17弾】すみだ北斎美術館企画展「北斎アニマルズ」を支援しよう!
お寄せいただいた寄付金は、墨田区北斎基金または墨田区文化観光基金にあてさせていただき、「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクト等、地域へ世界へと”北斎”を発信していくために幅広く活用させていただきます。 引き続きご支援よろしくお願いいたします。
新日本フィル「音楽の力で人とまちを元気に」プロジェクト
公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団(新日本フィル)は、1972年に指揮者・小澤征爾の下で結成され、墨田区を拠点に、演奏活動や教育・社会貢献活動を行ってきました。 人びとの心を動かす力のある音楽。私たちはこの力を信じ、たくさんの方にたくさんの感動をお伝えできるよう日々音楽活動に邁進しています。本プロジェクトは、普段音楽に触れる機会の少ない方がたにも幅広く音楽を届けるための事業です。皆さまのご支援が多様な方がたの新しい感性に届きます。どうぞよろしくお願いいたします。
音で世界を旅しよう!子供たちが世界の音楽を体験する「ほくさい音楽博」を開催したい!
墨田区および周辺地域の小学生を対象に、「スティールパン」「義太夫」「ガムラン」等、学校では習う機会のない、世界の響きの美しい音楽に触れてもらい、練習を重ねて発表会を行います。小学生の発表会当日は、子供から大人まで、入場無料で気軽に参加できる “参加型世界音楽博”として、様々な音楽体験ができる一日となり、「聴く」「応援する」「体験する」というアプローチで、世界中の音楽に触れることができます。 また、地域に住む人々が運営にも参画しやすい様々な関わり方を用意することで、これまでになかったかたちの新たな交流を生み、地域の大人が、地域の子供の成長を末長く見守り、育てていくことのできる事業を目指しています。
「3秒間」に凝縮された戦いを伝えたい!”パブリックビューイング”で2020年のパラ・パワーリフティング競技観客動員10万人を目指して!
2020年のパラスポーツ東京大会で会場を満員にしたい。観客動員数10万人規模のビッグイベント!!その為に、もっともっと沢山の人に知って欲しい。 その第一歩として、2019年2月2日(土)、国内最高峰である、全日本パラ・パワーリフティング選手権大会を東京スカイツリータウン®で生中継!パブリックビューイングでパラ・パワーリフティングの魅力を周知します。わずか3秒ほどに凝縮された緊張感満載のドラマチックなスポーツ、パラ・パワーリフティングを地元、東京スカイツリータウン®から発信!
都会のまんなかに子供からお年寄りまで楽しめる「たもんじ交流農園」を創設したい!
緑の少ない墨田区に、「たもんじ交流農園」を創ります! すべてボランティアによる手作りです。だから、しんどいけれど、とっても楽しい。ここにも、そこにも、笑顔と笑い声があふれています。 子供さんからお年寄りまで、あらゆる世代の皆さんが、ふれあう、つながる、コミュニティの場を提供します。 土いじりを体験し、野菜を育てます。植物の生命力の凄さを実感します。野菜を、皆で収穫して、その場で食べて、食育や環境の大切さを学びます。 今年は、3年計画の2年目です。農園創り、イベント開催、さらにスケールアップを目指します。
【第2ゴール挑戦中!】まちなかだからこそ創りたい!“たもんじ交流農園” ~ふれあう・つながる・まちづくり~
墨田区は、極端に緑が少なく、農家はありません。江戸時代、“御前栽畑”(おせんざいばた)のあった地、墨田区に、江戸野菜・寺島なすの栽培を復活させ、それらを栽培することを通して様々な地域・団体・子供からお年寄りの方々まで、誰もが参加でき楽しめるコミュニティの場を提供します。それが、まちなか農園“たもんじ交流農園”です。江戸野菜を中心に様々な野菜を栽培し、出来上がったものの収穫祭や料理教室、さらには食育・環境・歴史の勉強会を開催し「つながる 墨田区」を実現します。
未来を担う子供達が、日本の伝統文化を体感・理解して、日本一のおもてなしができる「マナーキッズ大使」を目指すプロジェクト
2020年に世界中から訪れるお客様を笑顔いっぱいの子供達でお出迎えしたい。美しい礼儀作法でおもてなしをしたい。未来を担う子供達が、日本一のおもてなしができるマナーキッズ大使に選抜されるように、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本が誇る一流講師陣による研修プログラムを体験することにより、美しい姿勢、お辞儀・挨拶が出来るそして日本の伝統文化を身に付けた墨田の子供達に逢いにいきたいと海外の方々から思われる街、墨田を構築します。
「音楽の力で人とまちを元気に」プロジェクト
公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団(新日本フィル)は、1972年に小澤征爾の下で結成され、1997年より、「すみだトリフォニーホール」を拠点に演奏活動や教育・社会貢献活動を行ってきました。 ドイツでタクトを振っていた上岡敏之がヨーロッパ音楽の神髄を持ち帰り、昨年音楽監督に就任、各方面から熱い視線を向けられています。人びとの心を動かす力のある音楽。私たちはこの力を信じ、たくさんの方にたくさんの感動をお伝えできるよう日々音楽活動に邁進しています。この動きをもっと大きなものにするために、普段なかなか音楽に触れる機会のない方がたへより幅広く音楽をお伝えしようと考えました。皆さまのご支援が多様な方がたの新しい感性に届きます。どうぞよろしくお願いいたします。
第1回 お江戸のハロウィン~妖怪大集合~
隅田川周辺地域の地域住民参加型のこれまでにない地域の特色を生かしたハロウィンイベントを設立することで、地域住民と新住民、世代間の交流、外国人との交流を図ることで、地域の絆づくりを促進していきます。隅田川周辺地域の地域に愛される名物イベントになりますよう、皆様のご支援をお願いいたします。
【熱中小学校】子供と大人の「 北斎塾」 “日本一のワクワク”を、もういちど七歳の目で・・・
私たち東京分校は、全国の熱中小学校をつなぐ「 コミュニケーションの場」として、生徒や卒業生、地域人々との交流を通し、お互いの取り組みや魅力を学び合うコミュニケーションの場として東京都墨田区に開校いたしました。 私たちが提供したいのは、いわゆる学校のような勉強の場ではありません。 コンセプトは、「本物」と「一流」に触れ、心と体で感じられる学び。日本中の文化と芸術をテーマとした授業を展開していきます。
すみだ歌舞伎プロジェクト 〜江戸の芝居町に歌舞伎を!〜
江戸時代、墨田の町にはたくさんの芝居小屋があったことをご存知ですか? 墨田区は中央区や台東区と並ぶ芝居通の町、芸事の盛んな文化の町だったのです。これらの芝居小屋で演じられていたのは「歌舞伎」。と言っても現在のちょっと敷居が高い近寄りにくいものではなく、もっと気楽な庶民の娯楽としての「歌舞伎」でした。この昔の「歌舞伎」をかつての芝居町で復活させるプロジェクトが始動します! ぜひ、皆さまのご支援をお願いいたします。
墨田区障がい者就労支援エコモザイクアートプロジェクト~寄付者を壁画白大理石に金字彫り~
北斎の作品をテーマにエコモザイクで制作したモザイクアートを北斎美術館前に設置することにより、世界で最も 著名な日本の画家である葛飾北斎を国内外に発信し、地域活性化の拠点になる事を目指します。公園にモザイク アートを設置することで、公園の美化・活性化に寄与します。障がいのある方達にエコモザイク創作の機会を 提供し、福祉のまちづくり政策に貢献します。皆さまのご支援をお願い致します。
【第21弾】北斎没後170年記念「北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展」を支援しよう!
日本が誇る江戸時代の絵師・葛飾北斎の生誕地である墨田区に誕生した「すみだ北斎美術館」。 お寄せいただいた寄付金は、墨田区北斎基金または墨田区文化観光基金にあてさせていただき、 「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクト等、 地域へ世界へと”北斎”を発信していくために幅広く活用させていただきます。 引き続き皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。
新日本フィル「音楽の力で人とまちを元気に」
公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団(新日本フィル)は、1972年に指揮者・小澤征爾の下で結成され、墨田区を拠点に、演奏活動や教育・社会貢献活動を行ってきました。 人びとの心を動かす力のある音楽。私たちはこの力を信じ、たくさんの方にたくさんの感動をお伝えできるよう日々音楽活動に邁進しています。本プロジェクトは、普段音楽に触れる機会の少ない方がたにも幅広く音楽を届けるための事業です。皆さまのご支援が多様な方がたの新しい感性に届きます。どうぞよろしくお願いいたします。
手作りで、「まちなか農園」を創設し、野菜作りを通して交流の輪を広げ、墨田区を元気にする場を提供したい!
緑の少ない墨田区に、「まちなか農園」を創ります! すべてボランティアによる手作りです。子供さんからお年寄りまで、あらゆる世代の皆さんが、ふれあう、つながる、コミュニティの場を提供します。 土いじりを体験し、野菜を育てます。植物の生命力の凄さを実感します。野菜を、皆で収穫して、その場で食べて、食育や環境の大切さを学びます。 今年は、3年計画の3年目。交流広場を整備して、地域に開放し、憩いの場・自然に触れる場として、地域をつなげ多世代をつなげるしくみつくりに力を注ぎたいと思っています。

東京都 墨田区 基本情報

住所
東京都東京都墨田区吾妻橋1丁目23番20号
URL
http://hokusai-museum.jp/kifu/
TEL
03-5608-6115(直通)

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる