イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • さいたまけん
  • つるがしまし
  • 埼玉県
  • 鶴ヶ島市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

指定なし
(指定されなかった場合は、市長が寄附者に代わっていずれかの事業を選択します)
四年に一度の祈願!「脚折雨乞(すねおりあまごい)」の龍神に願う“地域の絆”、“交流の輪”
純農村地域であった鶴ヶ島市は、高度経済成長期に東京のベットタウンとして発展してきました。江戸時代に端を発したといわれる降雨祈願の民俗行事である「脚折雨乞」は、社会環境の変化により専業農家が減少したことで、昭和39年に一度途絶えることになりました。しかし、他地域より移り住む市民が増え、地域の「一体感」や「絆」の低下を感じることもある中、雨乞いの持つ地域の連帯感の大切さを再び認識した脚折地区の住民が「脚折雨乞行事保存会」を結成し、昭和51年に復活を果たしました。現在は、夏季の世界的スポーツ大会の開催年に雨乞いも盛大に行われ、鶴ヶ島市民のみならず、多くの人を魅了しています。そして、次回は令和2年9月13日に開催される予定ですが、2020年東京大会の開催年と重なることから会場設営や警備などに関する費用が高騰している状況です。また、シティプロモーションの一環として「脚折雨乞」も広くPRしていますが、メイン会場となる雷電池(かんだちがいけ)は住宅地内にある小さな都市公園であるため、行事の見せ方の検討や出店などによる賑わいを創出したいと考えています。4年に1度の貴重な行事が、成功するよう皆様からのご支援をお願いいたします。
【第2弾】四年に一度の祈願!「脚折雨乞(すねおりあまごい)」の龍神に願う“地域の絆”、“交流の輪”
【重要】新型コロナウイルスの影響における本イベントの対応について 「脚折雨乞」は新型コロナウイルスの影響から、令和2年9月13日(日)の開催を見送ることとなりました。 脚折雨乞の開催に向けたガバメントクラウドファンディングは、引き続き寄附募集期間内において受付を行い、これまでいただきました寄附も含め次回の脚折雨乞開催時に充てさせていただきたいと考えていますので、今後とも支援のほどよろしくお願いします。 --------------------- 純農村地域であった鶴ヶ島市は、高度経済成長期に東京のベットタウンとして発展してきました。そんな中、江戸時代に端を発したといわれる降雨祈願の民俗行事である「脚折雨乞」は、社会環境の変化により専業農家が減少したことで、昭和39年に一度途絶えることになりました。 しかし、他地域より移り住む市民が増え、地域の「一体感」や「絆」の低下を感じることもある中、雨乞いの持つ地域の連帯感の大切さを再び認識した脚折地区の住民が「脚折雨乞行事保存会」を結成し、昭和51年に復活を果たしました。 現在は、夏季の世界的スポーツ大会の開催年に雨乞いも盛大に行われ、鶴ヶ島市民のみならず、多くの人を魅了しています。今年(令和2年)は9月13日に開催される予定ですが、2020年東京大会の開催年と重なることから会場設営や警備などに関する費用が高騰している状況です。 また、シティプロモーションの一環として「脚折雨乞」も広くPRしていますが、メイン会場となる雷電池(かんだちがいけ)は住宅地内にある小さな都市公園であるため、行事の見せ方の検討や出店などによる賑わいを創出したいと考えています。 開催費用の高騰や龍蛇の迫力を多くの方々に感じていただくための対応を行い、4年に1度の貴重な行事が、成功するよう皆様からのご支援をお願いいたします。 「脚折雨乞」は鶴ヶ島市で、江戸時代から継承されてきた降雨祈願の民俗行事です。 脚折雨乞の特徴は、4年に一度姿を見せる、竹と麦わらで作られた巨大な龍蛇。全長36m、重さ約3tの龍蛇(りゅうだ)は“入魂の儀”により龍神となり、300人の男衆に担がれて白鬚(しらひげ)神社から雷電池までの2キロメートルの道のりを練り歩きます。 雷電池に入水後は「雨降れたんじゃく、ここにかかれ黒雲」と連呼しながら池の中を暴れまわり、その姿は勇壮で見る人を圧倒します。 今回のクラウドファンディングでは、多くの人を魅了してやまない「脚折雨乞」を、より盛り上げ未来につないでいくための資金を調達します。 開催費用の高騰や龍蛇の迫力に多くの方々に感じていただくための対応を行い、4年に1度の貴重な行事が、成功するようにこのクラウドファンディングにご支援ください。
四年に一度の祈願!「脚折雨乞(すねおりあまごい)」の龍神に願う“地域の絆”、“交流の輪”
純農村地域であった鶴ヶ島市は、高度経済成長期に東京のベットタウンとして発展してきました。江戸時代に端を発したといわれる降雨祈願の民俗行事である「脚折雨乞」は、社会環境の変化により専業農家が減少したことで、昭和39年に一度途絶えることになりました。しかし、他地域より移り住む市民が増え、地域の「一体感」や「絆」の低下を感じることもある中、雨乞いの持つ地域の連帯感の大切さを再び認識した脚折地区の住民が「脚折雨乞行事保存会」を結成し、昭和51年に復活を果たしました。現在は、夏季の世界的スポーツ大会の開催年に雨乞いも盛大に行われ、鶴ヶ島市民のみならず、多くの人を魅了しています。そして、次回は令和2年9月13日に開催される予定ですが、2020年東京大会の開催年と重なることから会場設営や警備などに関する費用が高騰している状況です。また、シティプロモーションの一環として「脚折雨乞」も広くPRしていますが、メイン会場となる雷電池(かんだちがいけ)は住宅地内にある小さな都市公園であるため、行事の見せ方の検討や出店などによる賑わいを創出したいと考えています。4年に1度の貴重な行事が、成功するよう皆様からのご支援をお願いいたします。
未来を担う子どもたちを応援する事業
子どもの居場所づくりなどの子育て支援、青少年の健全育成、教育環境の充実、子どもの見守り活動、子どもたちのスポーツ・文化・芸術活動の支援などの事業に活用します。
地域で支え合う健康・福祉のまちづくりのための事業
市民の健康づくり及び高齢者の居場所づくりや介護予防などの高齢者福祉、障害者支援、助け合いによる地域福祉の推進、スポーツ・レクリエーションなどの事業に活用します。
身近な緑の保全と地球温暖化防止のための事業
花と緑のまちづくり、水辺の保全、ふるさと景観の継承、地球温暖化防止をはじめとした環境保全、省エネルギー、持続可能な循環型社会の推進などの事業に活用します。
文化・芸術活動を振興するための事業
文化財、伝統文化・伝統行事の保護、芸術鑑賞、文化交流、表現・創作活動の支援、児童図書の充実などの事業に活用します。
活力に満ちたまちづくりのための事業
産業の振興、祭り・イベントの支援、団塊世代の活動支援、ボランティア・市民活動の支援など地域の活性化などの事業に活用します。

埼玉県 鶴ヶ島市 基本情報

住所
埼玉県埼玉県鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1
URL
http://www.city.tsurugashima.lg.jp/furusato/
TEL
049-271-1111

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる