イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ぐんまけん
  • まえばしし
  • 群馬県
  • 前橋市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

防災・安心安全・都市整備
防災・防犯の推進、快適な都市空間の創出、幹線道路・公共交通の整備など ・防災・防犯事業の推進、安全安心なまちづくり ・前橋公園・敷島公園バラ園など、公園・緑地の充実 ・“るなぱあく”(中央児童遊園)の充実 ・広瀬川河畔緑地、住みやすい都市基盤の整備推進 ・環境にやさしい公共交通の充実 ・歴史的建造物等を活かしたまちづくりなど
環境
環境保護、ごみの排出抑制、リサイクルの推進、環境負荷の少ない循環型の都市づくりなど ・ごみの減量・資源化、リサイクルの推進 ・太陽光など自然エネルギーの活用推進、Co2削減推進事業 ・環境教育の充実、赤城山の自然環境活用など
健康・福祉
健康増進事業の推進、福祉・子育て支援の充実、地域福祉活動の支援など  ・老人福祉センター、介護施設等の整備充実 ・地域福祉活動支援 ・子ども図書館(元気21)の子ども図書の充実など
観光・産業振興
赤城山麓の豊富な地域資源(自然、観光、農業等)を活かした観光振興、農業生産力を活かした特産品開発、「前橋ブランド」の発信など ・地産地消の推進、遊休農地再生支援事業 ・地域資源を活かした企業誘致促進 ・「ton ton (豚肉)のまち」の推進 ・「前橋ブランド」の形成 ・七夕まつり、花火大会、前橋まつり、初市まつりの充実など
教育・文化
次代を担う子ども達の教育の充実、「萩原朔太郎」などを輩出した良質な文化の更なる活用など ・萩原朔太郎賞、朔太郎音楽祭の実施・全国へのPR ・小中学校の耐震化の促進
市民協働・地域活性化
市民力・地域力を活かした協働事業への支援、地域活動に対する支援など ・全国に誇れる地域づくりの推進 ・市民とともにつくる男女共同参画 ・安心して暮らせる行財政運営など
全般  市長にお任せコース
寄附の使い道(使途)を市長にまかせるコースです。全国に誇れる住みやすいまちづくりを進めます。 防災、安全安心、都市整備、環境、健康、福祉、教育、文化など、誰もが心豊かに暮らせるためのまちづくりに活用します。 ■ 防災・安心安全・都市整備 ・防災・防犯事業の推進、安全安心なまちづくり ・前橋公園・敷島公園バラ園など、公園・緑地の充実 ・“るなぱあく”(中央児童遊園)の充実 ・広瀬川河畔緑地、住みやすい都市基盤の整備推進 ・環境にやさしい公共交通の充実 ・歴史的建造物等を活かしたまちづくりなど ■ 環境 ・ごみの減量・資源化、リサイクルの推進 ・太陽光など自然エネルギーの活用推進、Co2削減推進事業 ・環境教育の充実、赤城山の自然環境活用など ■ 健康・福祉 ・老人福祉センター、介護施設等の整備充実 ・地域福祉活動支援 ・子ども図書館(元気21)の子ども図書の充実など ■ 観光・産業振興 ・地産地消の推進、遊休農地再生支援事業 ・地域資源を活かした企業誘致促進 ・「ton ton (豚肉)のまち」の推進 ■ 教育・文化 ・萩原朔太郎賞、朔太郎音楽祭の実施・全国へのPR ・小中学校の耐震化の促進 ■ 市民協働・地域活性化 ・全国に誇れる地域づくりの推進 ・市民とともにつくる男女共同参画 ・安心して暮らせる行財政運営など ・「前橋ブランド」の形成 ・七夕まつり、花火大会、前橋まつり、初市まつりの充実など
特1.こども図書館図書充実プロジェクト(次世代の子ども達のため図書の充実をします)
読書や絵本の読み聞かせを通して次世代の子どもたちの豊かな心を育むため、図書館の蔵書充実に活用します。
特3.スローシティ運動推進プロジェクト(まちや人の多様性を尊重し地域社会の個性を活かします)
先人たちが培ってきた赤城南麓の豊かな自然や食、伝統ある文化、歴史、生活スタイルを継承し未来に繋ぐ取り組みに活用します。
特4.未来型政策推進プロジェクト(新しい奨学金制度の研究など次世代に繋がる政策に活用します)
地域循環型エネルギーの活用研究や幸せと成果を両立する働き方改革の推進など、未来に向けて価値を創造する政策に活用します。
特5.犬猫の命を繋ぐプロジェクト(不幸な犬猫を増やさない取り組みを進めます)
様々な問題から保護される犬や猫などを減らし、ペットとの幸せな共生を目指すための取り組みに活用します。
特6.広瀬川河畔整備プロジェクト(魅力あるまちなか交流空間を創出します)
水と緑に溢れたまちなかで、人と人、人と芸術が出会う魅力的な交流空間を創出するための環境づくりなどに活用します。
特10.自転車のまち前橋推進プロジェクト(赤城山ヒルクライム大会の開催などに活用します)
サイクリストに愛される環境整備や赤城山ヒルクライム大会、クリテリウム大会の開催など自転車のまち前橋の推進に活用します。
特11.光のまちづくり推進プロジェクト(愛される風景や建造物に光を当て前橋の誇りをPRします)
前橋市民に親しまれてきた風景や建造物に光を当てることで、地域資源の再認識やまちのPRに繋げる事業に活用します。
特13.前橋ブランド・シティプロモーション推進プロジェクト(前橋の魅力を磨き発信します)
誇れる食や文化、暮らしなどを、磨き発信し、新しい価値の創出と共にブランドの向上を図るプロモーション活動に活用します。
特1.こども図書館図書充実プロジェクト(次世代の子ども達のため図書の充実をします)
読書や絵本の読み聞かせを通して次世代の子どもたちの豊かな心を育むため、図書館の蔵書充実に活用します。
特3.スローシティ運動推進プロジェクト(まちや人の多様性を尊重し地域社会の個性を活かします)
先人たちが培ってきた赤城南麓の豊かな自然や食、伝統ある文化、歴史、生活スタイルを継承し未来に繋ぐ取り組みに活用します。
特4.未来型政策推進プロジェクト(新しい奨学金制度の研究など次世代に繋がる政策に活用します)
地域循環型エネルギーの活用研究や幸せと成果を両立する働き方改革の推進など、未来に向けて価値を創造する政策に活用します。
特5.犬猫の命を繋ぐプロジェクト(不幸な犬猫を増やさない取り組みを進めます)
様々な問題から保護される犬や猫などを減らし、ペットとの幸せな共生を目指すための取り組みに活用します。
特6.広瀬川河畔整備プロジェクト(魅力あるまちなか交流空間を創出します)
水と緑に溢れたまちなかで、人と人、人と芸術が出会う魅力的な交流空間を創出するための環境づくりなどに活用します。
特10.自転車のまち前橋推進プロジェクト(赤城山ヒルクライム大会の開催などに活用します)
サイクリストに愛される環境整備や赤城山ヒルクライム大会、クリテリウム大会の開催など自転車のまち前橋の推進に活用します。
特11.光のまちづくり推進プロジェクト(愛される風景や建造物に光を当て前橋の誇りをPRします)
前橋市民に親しまれてきた風景や建造物に光を当てることで、地域資源の再認識やまちのPRに繋げる事業に活用します。
特13.前橋ブランド・シティプロモーション推進プロジェクト(前橋の魅力を磨き発信します)
誇れる食や文化、暮らしなどを、磨き発信し、新しい価値の創出と共にブランドの向上を図るプロモーション活動に活用します。
全般  市長にお任せコース
寄附の使い道(使途)を市長にまかせるコースです。全国に誇れる住みやすいまちづくりを進めます。 防災、安全安心、都市整備、環境、健康、福祉、教育、文化など、誰もが心豊かに暮らせるためのまちづくりに活用します。 ■ 防災・安心安全・都市整備 ・防災・防犯事業の推進、安全安心なまちづくり ・前橋公園・敷島公園バラ園など、公園・緑地の充実 ・“るなぱあく”(中央児童遊園)の充実 ・広瀬川河畔緑地、住みやすい都市基盤の整備推進 ・環境にやさしい公共交通の充実 ・歴史的建造物等を活かしたまちづくりなど ■ 環境 ・ごみの減量・資源化、リサイクルの推進 ・太陽光など自然エネルギーの活用推進、Co2削減推進事業 ・環境教育の充実、赤城山の自然環境活用など ■ 健康・福祉 ・老人福祉センター、介護施設等の整備充実 ・地域福祉活動支援 ・子ども図書館(元気21)の子ども図書の充実など ■ 観光・産業振興 ・地産地消の推進、遊休農地再生支援事業 ・地域資源を活かした企業誘致促進 ・「ton ton (豚肉)のまち」の推進 ■ 教育・文化 ・萩原朔太郎賞、朔太郎音楽祭の実施・全国へのPR ・小中学校の耐震化の促進 ■ 市民協働・地域活性化 ・全国に誇れる地域づくりの推進 ・市民とともにつくる男女共同参画 ・安心して暮らせる行財政運営など ・「前橋ブランド」の形成 ・七夕まつり、花火大会、前橋まつり、初市まつりの充実など
全般  市長にお任せコース
寄附の使い道(使途)を市長にまかせるコースです。全国に誇れる住みやすいまちづくりを進めます。 防災、安全安心、都市整備、環境、健康、福祉、教育、文化など、誰もが心豊かに暮らせるためのまちづくりに活用します。 ■ 防災・安心安全・都市整備 ・防災・防犯事業の推進、安全安心なまちづくり ・前橋公園・敷島公園バラ園など、公園・緑地の充実 ・“るなぱあく”(中央児童遊園)の充実 ・広瀬川河畔緑地、住みやすい都市基盤の整備推進 ・環境にやさしい公共交通の充実 ・歴史的建造物等を活かしたまちづくりなど ■ 環境 ・ごみの減量・資源化、リサイクルの推進 ・太陽光など自然エネルギーの活用推進、Co2削減推進事業 ・環境教育の充実、赤城山の自然環境活用など ■ 健康・福祉 ・老人福祉センター、介護施設等の整備充実 ・地域福祉活動支援 ・子ども図書館(元気21)の子ども図書の充実など ■ 観光・産業振興 ・地産地消の推進、遊休農地再生支援事業 ・地域資源を活かした企業誘致促進 ・「ton ton (豚肉)のまち」の推進 ■ 教育・文化 ・萩原朔太郎賞、朔太郎音楽祭の実施・全国へのPR ・小中学校の耐震化の促進 ■ 市民協働・地域活性化 ・全国に誇れる地域づくりの推進 ・市民とともにつくる男女共同参画 ・安心して暮らせる行財政運営など ・「前橋ブランド」の形成 ・七夕まつり、花火大会、前橋まつり、初市まつりの充実など
特1.こども図書館図書充実プロジェクト(次世代の子ども達のため図書の充実をします)
読書や絵本の読み聞かせを通して次世代の子どもたちの豊かな心を育むため、図書館の蔵書充実に活用します。
特2.タイガーマスク運動支援プロジェクト(児童養護施設等入所者の自立を支援します)
児童養護施設などから巣立つ人へ向けた、新生活のための支度金や、自動車運転免許の取得支援など、自立を後押しする取り組みに活用します。 「タイガーマスク運動」の先駆けとなる「伊達直人」だったことを明かした前橋市の会社員、河村氏が児童養護施設等の園長らと来庁し、施設から社会へ出る子どもたちへの自立支援を要望したことを受け、平成29年3月から児童養護施設等退所者への自立支援、「タイガーマスク運動支援事業」を開始しました。 このメニューへの寄附金は、自立支援の財源とさせていただきます。
特3.スローシティ運動推進プロジェクト(まちや人の多様性を尊重し地域社会の個性を活かします)
先人たちが培ってきた赤城南麓の豊かな自然や食、伝統ある文化、歴史、生活スタイルを継承し未来に繋ぐ取り組みに活用します。
特4.未来型政策推進プロジェクト(新しい奨学金制度の研究など次世代に繋がる政策に活用します)
地域循環型エネルギーの活用研究や幸せと成果を両立する働き方改革の推進など、未来に向けて価値を創造する政策に活用します。
特5.犬猫の命を繋ぐプロジェクト(不幸な犬猫を増やさない取り組みを進めます)
様々な問題から保護される犬や猫などを減らし、ペットとの幸せな共生を目指すための取り組みに活用します。
特6.広瀬川河畔整備プロジェクト(魅力あるまちなか交流空間を創出します)
水と緑に溢れたまちなかで、人と人、人と芸術が出会う魅力的な交流空間を創出するための環境づくりなどに活用します。
特7.群馬クレインサンダーズも使用する体育館の改修及びサンダーズと連携した観光振興に活用します
サンダースも使用するヤマト市民体育館前橋の改修及びサンダースと連携した観光振興などに活用します。
特8.ザスパクサツ群馬も使用するサッカー施設の整備や維持管理、連携した観光振興などに活用します
ザスパも使用する市営サッカー施設の整備や維持管理及びザスパと連携した観光振興などに活用します。
特9.群馬ダイヤモンドペガサスと連携した本市のスポーツ振興や観光振興などに活用します
ペガサスと連携した本市のスポーツ振興や観光振興などに活用します。
特10.自転車のまち前橋推進プロジェクト(赤城山ヒルクライム大会の開催などに活用します)
サイクリストに愛される環境整備や赤城山ヒルクライム大会、クリテリウム大会の開催など自転車のまち前橋の推進に活用します。
特11.光のまちづくり推進プロジェクト(愛される風景や建造物に光を当て前橋の誇りをPRします)
前橋市民に親しまれてきた風景や建造物に光を当てることで、地域資源の再認識やまちのPRに繋げる事業に活用します。
特12.地域人材の育成・定着プロジェクト(夢や希望、熱意を持つ若者の支援などに活用します)
若者の地元定着に向けて、夢や希望、熱意を持つ若者の支援し、良い刺激や経験を提供するための環境づくりなどに活用します。
特13.前橋ブランド・シティプロモーション推進プロジェクト(前橋の魅力を磨き発信します)
誇れる食や文化、暮らしなどを、磨き発信し、新しい価値の創出と共にブランドの向上を図るプロモーション活動に活用します。
特14.群馬グリフィン・レーシングチームと連携した本市のスポーツ振興や観光振興などに活用します
群馬グリフィン・レーシングチームと連携した本市のスポーツ振興や観光振興などに活用します。
南スーダン代表選手との交流を通して、前橋市の子どもたちの平和を願う心を育てたい!
南スーダンは2011年に独立した世界で一番若い国ですが、権力闘争や民族対立により国内の不安定な情勢が続き、難民・国内避難民は400万人以上、国民の3分の1になっていると言われています。平和の実現のためには民族・部族間の融和が不可欠で、解決の鍵として「スポーツによる社会融和」が挙げられています。 こうした厳しい環境でも前を向き夢を追いかける南スーダンの選手たちと交流することで、前橋市に住む子どもたちにとって、世界を知り、平和について考えるきっかけとなると感じています。戦争のない日本を守っていくのは、未来を創る子どもたちです。争いの経験と、それに立ち向かう強さを持った選手たちと時間を過ごすことで、平和の礎を築くことができるのではないでしょうか。 南スーダンの練習環境は、整っているとは言えません。気温は40度以上で、石や凹凸が多く、道具が不足し、裸足で走る選手も多いと聞きます。そのため、前橋市が南スーダン選手の五輪出場に向けた長期支援を行い、前橋市の子どもたちと多く触れ合うことで、スポーツを通じて南スーダンの平和にも貢献できるのではないかと考えました。 是非応援よろしくお願いいたします。
南スーダン代表選手との交流を通して、前橋市の子どもたちの平和を願う心を育てたい!
南スーダンは2011年に独立した世界で一番若い国ですが、権力闘争や民族対立により国内の不安定な情勢が続き、難民・国内避難民は400万人以上、国民の3分の1になっていると言われています。平和の実現のためには民族・部族間の融和が不可欠で、解決の鍵として「スポーツによる社会融和」が挙げられています。 こうした厳しい環境でも前を向き夢を追いかける南スーダンの選手たちと交流することで、前橋市に住む子どもたちにとって、世界を知り、平和について考えるきっかけとなると感じています。戦争のない日本を守っていくのは、未来を創る子どもたちです。争いの経験と、それに立ち向かう強さを持った選手たちと時間を過ごすことで、平和の礎を築くことができるのではないでしょうか。 南スーダンの練習環境は、整っているとは言えません。気温は40度以上で、石や凹凸が多く、道具が不足し、裸足で走る選手も多いと聞きます。そのため、前橋市が南スーダン選手の五輪出場に向けた長期支援を行い、前橋市の子どもたちと多く触れ合うことで、スポーツを通じて南スーダンの平和にも貢献できるのではないかと考えました。 是非応援よろしくお願いいたします。

群馬県 前橋市 基本情報

住所
群馬県群馬県前橋市大手町2丁目12番1号
URL
https://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi_tetsuzuki/6/3/index.html
TEL
027-898-6641

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる