イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • いわてけん
  • とおのし
  • 岩手県
  • 遠野市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

平成30年7月豪雨
遠野まつりの花形!「南部ばやし」の踊り子たちの着物を新調し、未来まで美しく残したい!
柳田國男の「遠野物語」の舞台として知られる遠野市。かつての農村文化を今に伝え、今も集落ごとに数多くの郷土芸能が伝わっています。南部ばやしは、遠野の町方に伝わる郷土芸能の一つです。 「遠野南部ばやし上組町保存会」は、昭和40年代に復活し、その後毎年遠野まつりで披露していますが、少子高齢化や家族形態の変化など、伝統芸能の継承が難しくなっています。   かつては、女の子のいる家で着物を用意し、お祭りに参加してきましたが、着物の購入は大変高額で1着10万円程度要します。 上組町南部ばやしを後世に伝えていくため、ふるさと納税型クラウドファンディングのしくみを活用し、着物や衣装を用意し伝統芸能を継承していきます。
「上組町南部ばやし」を長らく支えて来た「山車」の土台を新調し、子どもたちの「未来」につなげたい
遠野南部ばやしは、古くは江戸時代・寛文元年(1661年)を起源とする町方の郷土芸能です。昭和40年代に「遠野南部ばやし上組町保存会」として復活し、遠野遺産に認定されています。 八戸から遠野へ入部した南部直義が八幡宮を現在の地に移したときに旅の遊芸師に命じ京都の祇園ばやしを模して創られたと言われ、優雅なお囃子に合わせて可憐な衣裳に身を包んだ舞い手が華やかに踊ります。なかでも行列の後ろを運行する「山車」が大きな特徴です。 上組町南部ばやしを30年近くにわたって支えてきた山車ですが、土台の台車の傷みが進み、とうとう修繕も難しい状態になったため、このたび台車を更新する費用のご協力を皆様にお願いすることになりました。
300年を超える歴史を持つ『南部ばやし』の保存・伝承に向けて、物品等の整備を行いたい。
300年以上の歴史がある『遠野南部ばやし』は、誠に優雅な祭囃子です。 私たち仲町南部ばやし保存会では、遠野市内外で南部ばやしを披露しています。 今回のクラウドファンディングでは、南部ばやしに使用する衣装や道具を再整備することにより、南部ばやしの保存・伝承を図りたいと考えています。また今後、気軽に南部ばやしに参加してもらうために3か年計画で、物品等を整備し、交流人口の拡大を図っていきます。
こども流鏑馬大会を成功させ、貴重な馬事文化である流鏑馬を次世代に!馬とのふれあいがこどもの生きる力に!
柳田國男の『遠野物語』の舞台として知られる遠野は、名馬を輩出する「馬産地」としても知られています。 「流鏑馬」は、人馬一体の境地を表現する、馬事文化の象徴と言ってもよい貴重な文化です。この貴重な文化が、昨今の生活様式の変化で馬を飼う家庭が減少し、馬とのふれあいが少なくなる中で存続の危機に瀕しています。 今回のクラウドファンディングを通じ、「こども流鏑馬」を広く周知し更に盛り上げ、貴重な流鏑馬を次世代に継承し、馬事文化の担い手を育成する場として守り伝えていきます。多くの皆様のご支援が、こどもたち一人ひとりの笑顔へと繋がります。どうぞご協力をお願いいたします。
遠野でがんばる若者しごとサポート事業
 遠野で頑張る若者の地元就業の支援を実施しています。  遠野市人口は、1955年の4.7万人をピークに減少が続いており、市人口ビジョンでは2040年には総人口が約4割減(2015年比)が予想されています。特に20歳から24歳の転出が転入を上回り、主に関東地区への転出が多い状態となっております。  将来にわたって「永遠の日本のふるさと遠野」が持続していくためには、次代を担う若年者の地元定着が欠かせません。  市では若い世代の地元定着を進めるため「若者しごとサポート事業」として、地元就業する若者に対し、奨学金返還支援(返済額の半額助成)や、家賃負担軽減(家賃補助)に取り組んでいます。  実際に本事業の支援を受けた方々より寄附者の皆様へ感謝のメッセージをたくさんいただいております! 「寄附していただいたおかげで、遠野市で充実した生活を送ることができています。本当にありがとうございます」 「返還支援制度のおかげで、仕事への意欲も高まり励むことができています。ありがとうございます」 「元々、家計が厳しい中スポーツを頑張りたいという理由で私立の高校へ入学させてもらいました。今では、奨学金返還支援のおかげで、金銭面や心の面でとても助かっています」 「大変ありがたい事業で、遠野で働く若者、これから遠野で働くことを考えている若者にとっては、移住定住の動機の1つになると思います。ぜひ続けてほしいです」 「補助金があるということで遠野での生活を前向きにイメージすることができました。奨学金の返還ということが若者のこれからの生活の1つのハードルになっていると思います。それを助けていただけることで様々なことに挑戦しやすくなります。本当にありがとうございます」  他にもたくさんの感謝のメッセージが届いています。確実に遠野市内で働く若者にとって皆様の寄附は生きる糧となり、未来を切り開く力の源になっていることは間違いありません。  どうぞ遠野で頑張る若者の地元定着の取り組みへ、市内で活躍する若者たちへ応援をよろしくお願いいたします。
ビールの里プロジェクト
ビールの味の決め手といわれる「ホップ」。専門店が増え注目が増すクラフトビールの盛り上がりと併せ、国産ホップの価値が高まっています。 遠野市では冷涼な気候を生かして、半世紀以上にわたり国産ホップを作り続けてきました。しかし近年は高齢化と後継者不足により生産者が減少し、危機的な状況になっています。 ビールの里構想は、国産ホップを将来にわたって生産できる体制をつくり、地域活性化を目指そうとするプロジェクト。 地元の大切な資産であるホップを最大限に活用し、ビールにまつわるすべてを元気なまちづくりと未来へつないでいこうとする取り組みです。 「ホップの里からビールの里へ」というビジョンのもと、56年間国産ホップを作り続けてきた生産者、遠野産ホップのブランディングとまちづくりをサポートするKIRIN、就農や起業をサポートする遠野市、遠野産クラフトビールを醸造するブルワリー、ホップ畑が身近な生活を送るまちの住民や地域の子供たちと、多くの関わりからプロジェクトがスタートしています。 ぜひこの取り組みに、ビールファン・遠野ファンはじめ多くの皆さまにも参加していただき、皆さまの「乾杯」を遠野と国産ホップの未来へとつなげていただきますよう、「ビールの里プロジェクト」への応援をどうぞよろしくお願いいたします。 ~遠野産ホップを使用した『キリンとれたてホップ一番搾り生ビール2021』令和3年11月2日(火)全国一斉発売~
「遠野そば まんてん」創業事業
 お客様に安全で信頼ある美味しいお蕎麦を提供するお店を創業しました!  県立病院前という好立地にお店を構え、おいしいお蕎麦を提供しつつ、健康情報なども同時に発信していき、地域の健康づくりに寄与しながら遠野市全体が健康で活力のあるまちにすることを目標としています。  また、地産地消を最大のテーマとしており、そば粉・薬味・おにぎりのお米などお店で提供する食材の原材料は、すべて遠野市内から調達し、製造~販売までのルートを確立することで地域の経済活性化も視野に入れています。  そういった目標やテーマ実現のための資金を確保するため、今回ふるさと納税を活用させていただきました。  創業と同時にインスタグラムも開設しました!(@tonosobamanten)随時、更新中ですのでご覧ください!  遠野市といえば、ビールやジンギスカンが有名ですが遠野市に「遠野そばあり!」と言わせることができるくらい、蕎麦産業の定着も図っていきます。  ぜひ、一度「遠野そば まんてん」へお越しください!お待ちしております!
農家がこだわってつくった野菜や果物の食品ロス削減事業
 遠野の農家がこだわってつくった野菜と果物を流通させる環境を作ります!  山間部から流れる澄んだ水や盆地特有の寒暖差を生かしてつくられる遠野の野菜や果物。まごころ込めて丁寧につくる農家さん野菜や果物は、旨みがぎゅっと詰まっています。  しかし、つくられていく過程で、どうしても「規格」に合わない野菜が出てきてしまうため、形が悪いという理由で多くは廃棄されています。  廃棄ロスを変えるため「規格外の野菜と果物の流通事業」として、規格外野菜と果物の商品加工やブランディングを行っていきます。より多くの農家さんがつくった野菜と果物を食卓へお届けすることで、農家の収入を安定にします。更に、地域の住民や子どもたちと食について考え、耕作放棄地等の農業に関わる地域課題を多くの人と一緒に考え、解決していきます。  こんたでぃーの遠野は、遠野市を拠点に「野菜をつくる人と食べる人を笑顔にしたい」という想いで、生産者がこだわって育てた野菜や果物を食卓へお届けしています。  食と農を皆さまと一緒に未来へつなげていただけますよう「規格外の野菜と果物の流通事業」への応援をどうぞよろしくお願いいたします。  
「こども本の森 遠野」 運営事業
 世界的建築家 安藤忠雄氏が遠野市に、夢のあるこども向け本の施設をプレゼントしてくれることになりました。  施設の名称は「こども本の森 遠野」です。施設の建築工事は令和2年10月から始まり、オープンは令和3年7月頃を予定しています。  東日本大震災時、多くの本を募り岩手県沿岸に贈った「献本活動」では、全国からおよそ28万冊の本が寄せられました。現在、沿岸と内陸を「本」でつなげたこの活動を、「こども向け本の施設」として整備し、震災を風化させることなく、沿岸を含めたこどもたちの想像力・創造力を育む施設として「こども本の森構想事業」を進めています。  事業推進のためには、「遠野市わらすっこ条例」をはじめとした子育てに関する理念や、多様な情勢社会に対応するための計画などを基に、遠野市内外から応援する仕組みが必要であり、未来を担うこどもたちの夢を希望を育む拠点として、遠野市から文化を発信するものです。  次代を担う子どもたちのため、全国各地からの「こども本の森 遠野」の運営への応援をよろしくお願いいたします。 ★ふるさと納税により「こども本の森 遠野」 運営事業に5万円以上ご寄附いただく場合で、施設に銘板の設置を希望する方は、メモ欄にその旨を記載をお願いします。
「曲がり家千葉家」世紀の大修理事業
千葉家住宅は、江戸時代の飢饉の時に、地域の人々を救済するために約10年の歳月をかけて普請したと伝えられる上層農家の屋敷です。 人と馬が一つ屋根の下に暮らす「南部曲り家」の代表的な存在として古くから遠野の里を見守り続けてきました。 築180年が経過して、建物の傷みが激しく、石垣のはらみ、盛り土の沈下などが進行していたため、遠野市が「世紀の大修理」を行っています。 長期に及ぶ修理事業では、地域住民や専門家が一緒になってワークショップやフィールドワーク、研修会なども開催。 国指定重要文化財千葉家住宅の永久的保護と、地域活性化に資する活用を図っていくための活動をしています。 石垣の上にそびえる小城のような姿が、遠野を訪れる多くの人々を惹きつけ、遠野のシンボルとして親しまれてきた千葉家。 100年先へとこの姿を伝えるため、皆様の応援をどうぞよろしくお願いいたします。 国指定重要文化財千葉家住宅(南部曲り家千葉家)の保存整備について詳しくは… https://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/48,28035,303,html
遠野わらすっこプラン事業
少子化対策・子育て支援事業など
ふるさとの活力と元気を創造する事業
産業振興・雇用創出事業など
ふるさとの自然と景観を未来に継承する事業
自然環境・景観保全事業など
ふるさとの伝統・伝承文化を育む事業
教育・文化事業など
市長にお任せ
遠野市長に、使い道を一任させていただきます。

岩手県 遠野市 基本情報

住所
岩手県岩手県遠野市中央通り9番1号
URL
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/49,31687,262,html
TEL
0198-62-2111(内線222、223、225、227)

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる