イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ほっかいどう
  • たいきちょう
  • 北海道
  • 大樹町
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

魅力あるまちづくりの推進に関する事業
人づくりや住民活動の活性化、交流人口の拡大およびその他魅力 あるまちづくりに取り組みます。  【主な事業】   ・学童保育所・児童館の建設など     学童保育所利用者の増加と核家族化・共働き世帯などへの    子育て支援の充実を図るため、平成30年度に学童保育所・    児童館を建設します。   画像:学童保育所・児童館 完成イメージ図     (株式会社隈研吾建築都市設計事務所 提供)
公共施設の整備に関する事業
各種公共施設や道路整備など、まちづくり基盤の充実を図ります。  【主な事業】   ・生涯学習センター設備の更新   ・老朽化による大規模修繕や統廃合による公共施設の改築 など   写真:生涯学習センター
農林水産業の振興に関する事業
安心で安全な食料生産や豊かな自然環境を育む農林水産業の振興 を図ります。  【主な事業】   ・農林水産業に係る町単独事業の各施策   ・町営牧場の整備 など    写真:町営光地園牧場放牧風景
地域福祉の増進に関する事業
生きがい対策や子育て支援、福祉団体の育成、福祉施設の充実など、地域福祉の増進を図ります。  【主な事業】   ・特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター設備の更新   ・町単独事業として実施する各福祉施策 など   写真:特別養護老人ホーム「コスモス苑」
晩成温泉施設の整備に関する事業
太平洋を一望でき、また全国的にも珍しいヨード泉質をもつ晩成温泉の整備により、観光振興の推進を図ります。  【主な事業】   ・晩成温泉施設の改修及び設備の更新 など    写真:晩成温泉
誰もが宇宙に手が届く未来をつくる「宇宙のまちのロケット開発応援プロジェクト」
北海道大樹町は、ずっと宇宙を夢見てきました。 30年前から「宇宙のまちづくり」を進め、航空宇宙事業の誘致に奮闘し、町内ではこれまでJAXAや大学、民間ロケットベンチャー企業の航空宇宙実験が行われてきました。 しかし、宇宙を夢見る時代は終わりです。 人口5700人の町から、ロケットが宇宙に飛ぶ。 夢にまで見た、宇宙に手が届くミライ。 そんなミライを実現させるために立ち上げた「宇宙のまちづくり応援プロジェクト」 具体的には、大樹町内に本社を構える民間ロケットベンチャー企業インターステラテクノロジズ株式会社のロケット開発・打ち上げ環境整備の支援を行います。 大樹町はインターステラテクノロジズ株式会社の宇宙開発を支援し、ともに宇宙を目指します。
MOMOの打上げ実験成功!次のステージは商業化へ!誰もが宇宙に手が届く未来をつくる「宇宙のまちのロケット開発応援プロジェクト」
北海道大樹町は、ずっと宇宙を夢見てきました。 30年前から「宇宙のまちづくり」を進め、航空宇宙事業の誘致に奮闘し、町内ではこれまでJAXAや大学、民間ロケットベンチャー企業の航空宇宙実験が行われてきました。 しかし、宇宙を夢見る時代は終わりです。 人口5700人の町から、ロケットが宇宙に飛ぶ。 夢にまで見た、宇宙に手が届くミライ。 そんなミライを実現させるために立ち上げた「宇宙のまちづくり応援プロジェクト」 具体的には、大樹町内に本社を構える民間ロケットベンチャー企業インターステラテクノロジズ株式会社のロケット開発・打ち上げ環境整備の支援を行います。 大樹町はインターステラテクノロジズ株式会社の宇宙開発を支援し、ともに宇宙を目指します。
民間企業初の宇宙到達!ロケット「MOMO」の安定的な打上げで誰もが宇宙に手が届く未来をつくる!
北海道大樹町は、ずっと宇宙を夢見てきました。 30年前から「宇宙のまちづくり」を進め、航空宇宙事業の誘致に奮闘し、町内ではこれまでJAXAや大学、民間ロケットベンチャー企業の航空宇宙実験が行われてきました。 そして2019年5月、ついに大樹町から打上げられたインターステラテクノロジズ社のロケット「MOMO」が宇宙空間に到達しました。 これまでも多くのご支援をいただいた「宇宙のまちのロケット開発応援プロジェクト」今回も行います。 具体的には、大樹町内に本社を構える民間ロケットベンチャー企業ISTのロケット開発・打ち上げ環境整備の支援を行います。 大樹町はISTの宇宙開発を支援し、ともに宇宙を目指します。
宇宙のまちのロケット開発プロジェクト ー観測ロケット「MOMO」再び宇宙へ!みんなのロケットを開発し、誰もが宇宙に手が届く未来を-北海道大樹町
宇宙のまちのロケット開発プロジェクト ー観測ロケット「MOMO」再び宇宙へ!みんなのロケットを開発し、誰もが宇宙に手が届く未来を 宇宙のまち、北海道大樹町。 その大樹町に本社を置くインターステラテクノロジズ株式会社が2019年に開発した観測ロケット「MOMO(モモ)」が、民間企業が開発したロケットとして国内で初めて宇宙空間に到達しました。 大樹町ではインターステラテクノロジズを今後も応援し、宇宙のづくりを推進します。
宇宙のまちのロケット開発応援プロジェクト ー大樹から宇宙へ!あなたの応援が「みんなのロケット」になるー
宇宙のまちのロケット開発 応援プロジェクト ー大樹から宇宙へ!あなたの応援が「みんなのロケット」になるー 大樹町は宇宙のまちづくりを推進しています。 大樹町内でロケット開発を進めるIST社を応援しながら、宇宙に一番近い町を目指します。
大樹発!航空宇宙関連産業集積による地域創生
プロジェクト説明
宇宙のまちのロケット開発プロジェクト  2度目の宇宙に到達したインターステラテクノロジズ!量産化と軌道投入ロケット開発を応援
宇宙のまちのロケット開発プロジェクト 2度目の宇宙に到達したインターステラテクノロジズ!量産化と軌道投入ロケット開発を応援
町におまかせ
宇宙のまちづくり推進事業
-北海道に宇宙版シリコンバレーの形成を目指します- いちばん宇宙に近い町、北海道大樹町では、約35年前から宇宙のまちづくりを推進し、夢みてきた「北海道スペースポート」がいよいよ本格的に動き始めます。 今は人口5000人の小さな町の取り組みですが、この芽はやがて十勝、北海道にとどまらず日本、世界に新たな産業を創出する「大きな樹」に育つものと信じています。 北海道スペースポートの整備に向け、さまざまな事業に取り組んでいきます。 ご支援をお願い致します。
宇宙のまちのロケット開発プロジェクト - 圧倒的に低価格で、便利なロケットを開発するインターステラテクノロジズを応援 -
「宇宙のまちのロケット開発応援プロジェクト」として、大樹町に本社を置く民間ロケット開発企業「インターステラテクノロジズ」への支援を募る
人口5,400人のまちで、宇宙産業を通じて地方創生を実現したい!宇宙のまちのロケット開発プロジェクト
大樹町は宇宙を核にしたまちづくりを推進しています。日本の次の成長産業と言われる宇宙産業をまちの産業に成長させるため、インターステラテクノロジズ(以下IST)による、超小型人工衛星を打ち上げるロケットZERO開発を応援するプロジェクトです。

北海道 大樹町 基本情報

住所
北海道北海道広尾郡大樹町東本通33
URL
http://www.town.taiki.hokkaido.jp/furusato-tax/
TEL
01558-6-2114

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる