イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ほっかいどう
  • ひがしかわちょう
  • 北海道
  • 東川町
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

東川町長に投資事業を一任する
投資事業を指定されない場合は、「東川町長に投資事業を一任する」をお選びください。
日本の未来を育むプロジェクト 「写真文化首都「写真の町」整備事業」
1985年に「写真の町」を宣言し、写真文化を通じて潤いと活力のある町づくりに取り組み、写真文化と世界中の人々を繋ぐ「写真文化首都」の創造を目指しています。現在、日本は過疎・過密の2極化が進行しているなか、多極分散型社会として強靭な国づくりを目指し、写真文化の首都として地方から世界へ写真文化を発信するために「写真甲子園」をはじめとした写真の町に関わる事業や写真文化のアーカイブスのための事業に充てられます。
日本の未来を育むプロジェクト 「日本初デザインミュージアム建設事業」
大雪山を望む旭川家具をはじめとした全国的に名高い家具の産地であるこの地域は、多くの家具・クラフト職人が集いその匠たちが技を競い芸術高い家具を作り続けています。その地域で洗練された木工製品・クラフトや、世界的に歴史・芸術価値が高い「織田コレクション」を中核に「家具デザイン文化」を世界へ発信する日本初のデザインミュージアムの実現に向け、その建設のための事業に充てられます。
日本の未来を育むプロジェクト「日本福祉人材育成事業」
東川町では誕生した赤ちゃんに椅子を贈る「君の椅子」をはじめとした、一人ひとりの人生の幸せのはじまりをカタチに残す優しいサービスを進めています。安心した子育てや暮らしを支えるため、命を育む保育士と暮らしを支える介護福祉士の奨学金等をはじめとした人材育成支援を図り、少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会の実現に向け、日本の未来を育む福祉人材育成のための事業に充てられます。
写真の町プロジェクト「写真文化首都創生館整備事業」
情報発信と多様な交流や活動を生み出すことを目的に、知の拠点となる図書館をはじめ、東川町に集積された写真文化、家具デザイン、大雪山に関する貴重な学術文献等による文化・芸術アーカイブスなどからなる複合施設の整備に充てられます。
イイコト・プロジェクト「ひがしかわワイン事業」
東川町では本格的にワイン造りに取り組んでいます。美味しいワインを造るため、良質な葡萄作りを実践。東川町の自然酵母を使用し「ひがしかわワイン」を生産します。ぶどうの品種は現在セイベル中心ですが、ピノノワール、シャルドネなどの試験栽培も初めています。この事業への投資(寄付)は「ぶどう苗木およびぶどう畑整備」に充てられます。
イイコト・プロジェクト「医療型観光施設整備事業」
現在のホスピタルでもホスピスでもない、暖かいおもてなしで人々を包むホスピタリティな複合施設を建設します。難病で自宅療養中の方も東川町という大自然の中で、生きる力と生命力を回復できるような環境の整備に充てられます。
イイコト・プロジェクト「織田コレクションアーカイブス事業」
東川町は木工業が盛んな町で、多くの家具職人が集い、その匠達が技を集い芸術高い家具を作り続け、全国的に名高い旭川家具の生産全体に占める約30%が東川町で生産されています。そんな“木工の町”東川町らしい洗練された木工製品やクラフトや、世界的に歴史・芸術価値が高い「織田コレクション」などの「家具デザイン文化」を世界へ発信します。その情報発信の役割を担い、世界中の優れた家具の展示やデザインに関するワークショップ等を行う施設として「デザインミュージアム」を将来建設を目指しています。展示の中核となる「織田コレクション」とは、織田憲嗣氏(東海大学名誉教授)が、長年かけて研究対象としている近現代における優れたデザインの生活日用品に関する資料群を指します。その質と量は世界のデザインミュージアムを超える第1級の資料です。最近では、世界の各地で行われる各種デザイン展においても、織田コレクションの評価は高まる一方で、世界から注目を浴びる内容となっております。東川町が有する「写真文化」、「家具デザイン文化」、「大雪山文化」を通じて世界中の人々が多様な文化に出会えるようなまちづくりを目指します。
①東川町長に投資事業を一任する。
投資事業を指定されない場合は、「東川町長に投資事業を一任する。」をお選びください。
②日本の未来を育むプロジェクト 「写真文化首都「写真の町」整備事業」
1985年に「写真の町」を宣言し、写真文化を通じて潤いと活力のある町づくりに取り組み、写真文化と世界中の人々を繋ぐ「写真文化首都」の創造を目指しています。現在、日本は過疎・過密の2極化が進行しているなか、多極分散型社会として強靭な国づくりを目指し、写真文化の首都として地方から世界へ写真文化を発信するために「写真甲子園」をはじめとした写真の町に関わる事業や写真文化のアーカイブスのための事業に充てられます。
③日本の未来を育むプロジェクト 「日本初デザインミュージアム建設事業」
大雪山を望む旭川家具をはじめとした全国的に名高い家具の産地であるこの地域は、多くの家具・クラフト職人が集いその匠たちが技を競い芸術高い家具を作り続けています。その地域で洗練された木工製品・クラフトや、世界的に歴史・芸術価値が高い「織田コレクション」を中核に「家具デザイン文化」を世界へ発信する日本初のデザインミュージアムの実現に向け、その建設のための事業に充てられます。
④日本の未来を育むプロジェクト「日本福祉人材育成事業」
東川町では誕生した赤ちゃんに椅子を贈る「君の椅子」をはじめとした、一人ひとりの人生の幸せのはじまりをカタチに残す優しいサービスを進めています。安心した子育てや暮らしを支えるため、命を育む保育士と暮らしを支える介護福祉士の奨学金等をはじめとした人材育成支援を図り、少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会の実現に向け、日本の未来を育む福祉人材育成のための事業に充てられます。
⑤イイコト・プロジェクト「ひがしかわワイン事業」
東川町では本格的にワイン造りに取り組んでいます。美味しいワインを造るため、良質な葡萄作りを実践。東川町の自然酵母を使用し「ひがしかわワイン」を生産します。ぶどうの品種は現在セイベル中心ですが、ピノノワール、シャルドネなどの試験栽培も初めています。この事業への投資(寄付)は「ぶどう苗木およびぶどう畑整備」に充てられます。
⑥イイコト・プロジェクト「医療型観光施設整備事業」
現在のホスピタルでもホスピスでもない、暖かいおもてなしで人々を包むホスピタリティな複合施設を建設します。難病で自宅療養中の方も東川町という大自然の中で、生きる力と生命力を回復できるような環境の整備に充てられます。

北海道 東川町 基本情報

住所
北海道北海道上川郡東川町東町1丁目16番1号
URL
http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/kabunushi/
TEL
0166-82-2111

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる