イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ほっかいどう
  • つべつちょう
  • 北海道
  • 津別町
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

寄附金の活用は、皆様がご選択していただいた事業に活用させていただきます。

事業1 観光の振興に関する事業
活用事業1:クリンソウまつり(平成22年度)
活用事業2:まちなかイルミネーション(平成27年度)
事業2 未来を担う子どもの教育・健全育成に関する事業
活用事業1:津別小学校・中学校屋外放送設備購入(平成22年度)
活用事業2:津別小学校授業用PC購入(平成26年度)
活用事業3:津別中学校吹奏楽部楽器購入(平成26年度)
活用事業4:津別小学校教材・備品購入【タブレット・電子キーボード】(平成27年度)

事業3 福祉及び医療に関する事業
活用事業1:デイサービス施設 介護浴槽購入(平成24年度)
事業4 ふるさとの自然環境の保全に関する事業
活用事業1:双子の桜樹木治療業務(平成25年度)
事業5 その他、町づくりに資する事業
活用事業1:津別町多目的活動センター(さんさん館)開設備品購入(平成22年度)
活用事業2:交流体験施設「みぃと イン つべつ」備品購入(平成26年度)

事業6 スポーツ環境整備に関する事業

津別町は、日照率が高い地域で、夏は湿気の少ないさわやかな天候が続く、合宿に最適な環境です。
オホーツク地域には毎年、全国各地からさまざまなスポーツチームが訪れており、他市町村に合宿来ているチームとの練習試合も組みやすい環境にあります。またバスケットボールや野球などのチームも津別町の施設で汗を流し、本番に臨んでいます。

2015ラグビーワールドカップ日本代表として出場したNTTコミュニケーションラグビー部所属アマナキ・レレイ・マフィ選手と筑波大学ラグビー部所属福岡堅樹選手また、7人制ラグビー日本代表坂井克行選手も津別町に合宿に訪れたことがあります。

津別町では更なる合宿事業の充実を目指し、ふるさと納税を活用し、全国の皆様から寄附を募ることといたしました。

詳しくはこちらから

津別町からの最新情報

  • 2017年9月30日(土)10時00分

     

    広大な台地で育った「味覚セット」受付中です!

    北海道津別町の広大な台地で育てられたホクホクしたジャガイモ「男爵」をはじめ、玉ねぎ・南瓜などの秋の味覚を詰め合わせた野菜セットをお届けします。

北海道 津別町 基本情報

住所
北海道北海道網走郡津別町字幸町41番地
URL
http://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/90nouzei/2016-0330-0921-1.html
TEL
0152-76-2151

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる